アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

中国輸入 安くて便利なクイックポストを使いこなそう

読了までの目安時間:約 6分

 

どうも、MIHOSUKEです。

 

 

今回は安くて便利なクイックポストの活用方法について解説していきたいと思います。

クイックポストとは

 

クリックポストWebサイトにアクセスし、利用登録の申込みおよび運賃決済の手続を行った上、

 

自宅等のプリンタからクリックポスト専用の宛名ラベルを印字して荷物に貼付し、

 

 

郵便ポスト等に差し出し、受取人さまのご自宅等の郵便受箱に投かんするサービスです。

 

 

追跡サービスの提供および日曜日・祝日の配達も行ってくれます。

 

 

このようなサービスです。

 

 

私なりにまとめると、ポスト投函で追跡番号が付いて、速達扱いにしてくれる というサービスです。

 

 

 

法人にすれば、いろんな運送会社と契約して、安く配送してくれるようにできるのですが、

 

法人にまだしていなかったり、そもそもそんなにまだ配送するほど売れていない というときは、クイックポストが良いでしょう。

 

 

 

クイックポストのメリット

 

①一律164円と安い

 

 

②速達扱い

 

 

③追跡番号付

 

 

④1kgまでの荷物を送ることができます。

 

長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3cm以下

 

 

です。

 

軽いものは定型外郵便の方が120円~140円なので、定型外の方がお得の場合があります。

 

商品の重さによっての使い分けもできます。

 

クイックポストのデメリット

配送手続が面倒

2016-11-17_0000122016-11-17_000054

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でこのようにプリウントアウトして、貼り付けをしないといけません。

 

 

入力画面では、番地は全角にしないといけないですし、1通ずつやっていると、もう大変です。

 

 

そこで無料の拡張機能をお勧めします。

 

クリックポスト一括登録

 

 

この拡張機能を使えば、エクセルデータからのインポートで自動でクイックポストの用紙を作成してくれます。

 

 

ぜひ、おすすめです。

 

詳しくはこの、クイックポスと一括登録のURLをご覧ください。

 

 

 

エクセルデータからのインポートとは

 

〇アマゾンの場合

 

自己出荷の商品が売れたら配送しなければなりません。

 

配送先リストを一覧でエクセルデータとして取得するところがアマゾンにありますのでご紹介します。

 

 

このエクセルデータ → クイックポストのエクセルデータ用に 変換すれば あっとゆう間にクイックポストの配送用紙の作成が完了です。

 

 

セラーセントラル画面→注文→注文レポート→未出荷の注文

 

これでデータがでてきます。

2016-11-17_000094

 

 

〇メルストライクの場合

 

メルカリでも自己配送ですから、クイックポストは有効に活用できます。

 

 

取引中の商品 → 下にあるCSVダウンロード という青いボタンを押せば 発送待ちの商品一覧のデータが出てきますから、便利です。

 

 

メルストライクについての記事はこちら

 

 

補足

 

アマゾンでは自己出荷の新機能マケプレプライム という配送サービスが始まっています。

 

 

マケプレプライムを実施する場合にも、追跡番号がないとダメですから、クイックポストは便利だと思います。

 

 

マケプレプライムについての記事はこちら

 

 

 

ぜひ、こちらの記事を参考に、クイックポストで効率の良い配送をしていきましょう。

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

 

わからないことがあれば、スカイプでなんでもお気軽に質問してきてくださいね。

 

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

みほすけメルマガバナー

 

中国輸入 販売編   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: