アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

中国輸入 アマゾンでいたずら注文 嫌がらせを受けた!

読了までの目安時間:約 4分

 

どうも、MIHOSUKEです。

 

私ごとではありますが、とんだ迷惑な嫌がらせを受けました。

 

一体どんな嫌がらせを受けたのか

 

 

商品を購入されたのですが、すべて住所不明ということで返品されてきました・・・。

 

 

とんだ迷惑です。その商品点数がえげつないです。

 

 

こうした場合どういった対応をすればよいかご紹介します。

 

 

どうして返品されたのかを調べる

 

出荷準備中になっていたものが、また、在庫が戻っていたり、購入された商品が返品されたりした場合はレポートとして簡単なものがでてきます。

 

 

FBA商品については、セラーセントラル画面→フルフィルメント→返品レポートをクリックです。

 

 

私の場合ですが、嫌がらせを受けた返品はこんな感じでした。

 

住所が不十分か、または正しくありません だらけ・・・!

 

しかし、こんなことでくじけてはいけません。

 

私は鉄のマインドです・・・(と言い聞かせる)

 

 

巧妙なことに購入された住所や氏名がバラバラでしたので、アマゾンもしっかり嫌がらせとして、対応してくれるか心配です。

 

画像は商品名なども掲載されているので一部抜粋ですが、

 

ここに注文番号が掲載されているのでコピーし、アマゾンの問い合わせフォームより報告すれば、アマゾンが調査してくれます。

 

こうした購入者のアカウントは、関連されるIPや名前、住所などから出品用アカウントまで閉鎖に追い込むこともできるそうです。

 

私の場合のこの嫌がらせは中国人による嫌がらせの可能性があるとのことです・・・。

 

 

その他こちらができることは何か

 

アマゾンに 購入用アカウントもSMS認証制にしてもらうように提案しました。

 

 

フリマサイトでさえ、SMS認証制なのに、アマゾンの購入用はメールアドレスさえあれば作れますからね。

 

 

その他に、自分のオリジナル商品や売れやすい商品は コンビニ払い&着払いのチェックを外しておくと良いでしょう。

 

 

アマゾンに限らず、どんなプラットフォームであっても嫌がらせは少なからずあります。

 

 

私のような被害は一定数あるとアマゾンから回答を得ました。

 

 

私以外にもこうした嫌がらせを受けている人はいるということです。

 

 

ですが、こうした嫌がらせを受ける=自分が中国輸入で成長してきた証でもあります。

 

最後に

 

嫌がらせをされるということは、決していい気分のものではありません。

 

 

ですが、だからと言って私の手を休めるわけにはいきません。

 

 

アマゾンに限らず、メルカリ、ヤフオクなどいろいろな状況で嫌がらせであったり、規約変更であったり、進めば進むほど壁は出てくるものです。

 

 

ですが、乗り越えられない壁などありません。 しっかり対応していきましょう。

 

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

 

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

 

 

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

 

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

みほすけメルマガバナー

 

中国輸入 販売編   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: