アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

メルカリで稼ぐにはリサーチが一番大事

読了までの目安時間:約 6分

 

どうも、MIHOSUKEです。

 

メルカリの調子はどうでしょうか?

 

今回はどうやってリサーチしているのですか?

 

と質問があったのでお答えしたいと思います。

 

基本的なリサーチ方法は こちらの記事 にありますが

 

他にもどうやってリサーチしているのかご紹介します。

 

①メルカリでアカウント停止になっている出品者が売っていたものを探る

 

これは、アマゾン転売をしていた出品者が中国商品を売っていた記録がそのまま残っていることがあります。

 

SOLDになっているものはよく売れるという事ですし、転売の人よりは中国から直接仕入れですから安い価格でも販売できますね。

 

 

なのでしっかりリサーチします。

 

②専門店系の出品者を探る

 

 

〇〇専門店 という出品者は評価数が多く、売っているものが限定されています。

 

 

何をよく売っているのかリサーチし、利益がとれるか調べていきます。

 

 

③ツールを使ってリサーチする

 

これは無料・有料とあります。

 

有料 オークファンPROという有料リサーチツールを私は使っています。

 

 

簡単に言うと、メルカリで売られている商品をキーワードで検索することができます。

 

オークファンプロ 一度試してみてください。

 

 

オークファンプロの使い方はまた詳しくブログに掲載しますが、メルカリの内容のみをまずは紹介します。

ピアスでキーワード検索をして出てきたものを調べます。メルカリ だと 3162 件でてきました。

 

これ、全部中国製ですね。一個目はドラゴン爪のピアスですね。

 

 

 アマゾンではASIN:B00Q9USFWA です。・・・というようにリサーチしていけば、良いです。

 

 

 

無料 ショッピングリサーチャーという拡張機能を使っています。

 

 

こんな風に表示されます。これが売れているかどうかも見ますが、これを出品している出品者が何を売っているのかもよくリサーチしましょう。

 

 

よく売れているものを見つけたら、それを真似すればいいです。

 

 

売れる確信のあるものでも最初から10個仕入れるのではなく、まずは3個~5個にしましょう。

 

すぐ売れたら、また再注文しましょう。

 

メルカリで売れないものは ヤフオク や モバオク その他フリマサイトへ

 

 

メルカリは回転率の良いものを出品していくほうが良いです。

 

 

売れないものを上げ、また売れないものを上げ・・・・としているとその間に、本当は売れる商品の販売機会の損失になります。

 

 

売れないものはヤフオクやモバオクに入れる

 

 

売れないものは利益0で売り切る

 

 

在庫は1か月以上もたない

 

 

このことをルールにしていれば、必ず利益は膨らんでいきます。

 

中国輸入の一番大事なところはリサーチです。

リサーチを鍛えましょう。

 

★他にも売り方でもいろいろあります。

 

 

他の人より目立つにはどうすればいいか・・・まず自分の商品を注目させ、ページを開かせる。

 

 

安心して購入してもらう。

 

 

ついつい買ってしまう。

 

 

そんなページに仕上げましょう。

 

 

 

 

中国輸入が難しそう・・・・アマゾン中国輸入を本当はやってみたいけど躊躇している

 

 

そういう方は少額からメルカリ中国輸入で学んでいけば良いと思います。

 

 

メルカリから中国輸入を始めてみた! という方からよくスカイプもいただきます。

 

 

 

あなたも、一歩踏み出してみましょう。

 

 

 

★追伸

 

 

MIHOSUKEに質問したいことがありましたら、こちらの質問フォームまでどうぞ♪

 

こちらをクリック

 

 

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

 

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

 

 

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

 

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

みほすけメルマガバナー

 

中国輸入 メルカリ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: