アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

お久しぶりです!中国、深センに行ってました

読了までの目安時間:約 8分

 

どうも、MIHOSUKEです。

 

深センに行ってきました。

深センはかなり都会でした!!

 

電気街をフラフラしてきました。OEM販売についても、直接質問したりし、いい商材が見つかりました。

 

深センは 問屋さんばかりが集まるビルがあり、電子機器ばかりが集まる問屋ビルがあります。

いくつもの業者が6畳ほど敷地でひしめき合っており、取扱商品が似通っていたりもするのですが、

 

店舗によりやはり価格が違うので「交渉」が必須となります。

 

 

かなり大量の業者を見て回るので、いいなと思った業者 からは 名刺をもらいます。

 

 

気になった商品はメモや写真などをとっておきましょう。

 

 

こういうのは どの国でも一緒ですね。タイでもそうです。

タイの記事はこちら

 

で、OEMしたければ OEMは何個からできますか? と質問します。・・・

 

 

 

英語は全然通じません。

私は英語ペラペラなわけではないですが、How much is 100? とかはしゃべれるので、しゃべってみましたけど全然通じません。

 

日本に向かう帰りの便で、とっても可愛い方が隣だったのでWhere are you going? Tokyo? Osaka? って話しかけてみましたがそれも通じません。

 

あまりにもかわいい方だったのでおしゃべりしたかったのですが・・・

 

中国人は英語ぺらぺらなんだと 勝手に思っていました。

 

なのでちょっと英語ができる人でも絶対に通訳さんは付けましょう。

 

道で迷子になったときに英語で「エクスキューズミー」で振り向いてくれる人が神様のように感じました 笑

 

 

実際に商品を見て価格交渉したとしても、アリババやタオバオの方が安かったりします

 

これはその時の交渉や商品や店舗の形態でもことなりますが、

 

いいなと思った商品でも、その場で契約せずいったん持ち帰り アリババやタオバオでその商品を調べてみましょう。

 

いったん記録し、ネットで調べるのがお勧めです。

 

アリババ

 

タオバオ

 

ハンドルスピナーが多い!多すぎる!

 

最近話題のハンドルスピナーを取り扱っている店舗がかなりたくさんありました。

 

どこもかしこもハンドルスピナーだなーという印象なくらいです。

 

メルカリでも十分売れる金額で仕入れることが可能です。

 

 

タクシーにぼったくられました・・・。

 

日本人でありがちなパターンですが、空港に着いたのですが、かなり広い空港だったので、「タクシー?」と言われた兄ちゃんについて行ってしまいました(反省)

 

相当ぼったくられましたが、いい勉強になりました。明らかにぼったくられそうな雰囲気でしたが、

 

BYD社の電気タクシー(メーター付きで赤もしくは青)に乗りましょう。

 

料理はほとんど辛いです。

辛いのレベルが結構高いです。

 

辛いのが苦手な方はチャーハンや麺、鍋、野菜炒め乗り切りましょう。

私は辛いのが好きなので大丈夫なほうだったのですが、辛すぎて唇が真っ赤で荒れました(それぐらい辛い)

 

日本に帰ってきた今でもたらこ唇です。

 

ビールは青島ビールというビールが定番で、日本に比べ薄いのでかなり飲めました。

イノシシのお肉を食べたり、かえるのお肉を食べたりしましたよっ

 

イノシシはおいしくてびっくりしました!

ですが何のお肉もですが、お肉の切り方がほとんどぶつ切りで、お肉だけど骨があるというのが難点です。魚かよ!ってくらい。骨が入っています笑

 

酢豚をたべたのですが、パイナップルが入っていました。

 

他の料理が辛いので中和される感じで「おいしい!」って思いました。納得です。

 

 

東京からは北京経由しかないけど関空の直送便で来た方が良いです。

私の仲間の方で東京から来た方がいたのですが、行きも帰りも、北京で足止めをくらい、合流1日遅れ、帰宅も一日遅れ という悲惨な経験をされました。

 

北京ではよく飛行機が欠航になるんだとか・・・香港や中国もよく遅れたり欠航になるそうです。

 

東京から深センにいくには、関西空港の直送便を利用したほうがいいです(2017年6月現在)香港から経由でもいいかもしれないですね!

 

 

 

 

現場をみることで得られるもの

 

 

中国製は雑だ とか 適当だとかそういったマイナスイメージがある人もいるかもしれませんが、

 

最近の中国製の品質は向上していますから電子機器も安心して販売していけるようになってきたのかなと思います。

 

ただし、日本の電気法などがありますが工場と連携し日本の基準に合わせる努力はしないといけません。

 

電気法や電波法について無知の状態で販売することは避けましょう。

 

 

最後に・・・

 

私達はネットで物を売って稼ごうとしていますが、 作る人 がいてそれを売る人がいて 買う人がいる。

 

人が繋がらないとこの商売は成立しないのだということを、再確認できる機会になりました。

 

物販のおもしろさをより発信していこうという気持ちにもなりました!

 

商品を発掘する仕事に集中したいのでより外注化についてももっと頑張ろうという意欲にもなりました。

 

仕事が楽しいって幸せです。

 

旅行もできますし、いろんな世界を見れて、面白いですよ。

 

今回は市場調査と、発送業者さんに会う予定だったのですが、急きょトラブルがあり、ほとんど市場調査で終えました。

 

中国へは2万円代で往復でいけますから、頻繁に足を運んでも良いなと思いました。

 

 

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

 

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

 

 

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

 

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

みほすけメルマガバナー

 

中国輸入 リサーチ編   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: