アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

月収200万円達成しました!

読了までの目安時間:約 5分

 

どうも、MIHOSUKEです。

 

7月は月収215万でした!

 

自分自身「あれ!?いけた!」という感じでした。

 

福岡旅行にも行っていたので・・・びっくりです!

 

ほかにも旅行に行っていたのでまたUPしたいと思います!

福岡の記事はこちら

 

 

一個一個はそれほど稼げていなくても積み重ねることが大事

私はいろんな販路で30万円以上は稼げるようになりたい、50万円以上は稼げるようになりたい。

 

そんな目標を立てて1個のビジネスに集中しています。

 

もちろん、次のビジネスに進むときは、ある程度外注化できてからでないと進みません。

 

あとは、外注さんとのコミュニケーションをとること。

 

さらに飛躍するために自分が手を加えるべきことは何か。

 

そして外注してできた時間をいかに有効に使っていくか。

 

が大事になります。

 

月収200万円はまだまだ通過点です。

 

 

一個の物販だけで留まるのは良くない。

例えばメルカリだけで50万稼げるようになったとしても、私は不安が残ります。

 

メルカリ1本だと、不安だからです。

 

逆にアマゾンでも、何か不可抗力でアカウント閉鎖になったらどうしようと不安です。

 

私はアマゾンのアカウントが停止になったことはないですが、どんな商売にも リスク はあります。

 

それを怖がっているだけではなく、そうなっても大丈夫だと思える状態を作っておくとよいです。

 

なので私は、インターネットで物販をするなら、ある程度販路は広く考えたほうがいいと思います。

 

なのでいろいろチャレンジもどんどんしてます!小さな失敗もたくさんしてます。

 

でも、結果はついてくると信じています。今までそうやってきて結果が付いてきたからです。

 

 

最近では、いきなりOEMにチャレンジしようとする人が多い傾向が!

OEMをするにしても、工場とやりとりして・・・ということを初心者でもできますが・・・

 

販路は広く どんなものが中国輸入なのか知る という意味では いきなりOEMではなく、

 

あいのりをしてからのステップアップとしてOEMをおすすめします。

 

また、あいのり出品で気を付けることをマスターしておけば、

 

出品すべきでない商品をOEMしてしまった なんてミスも防げます。

 

しっかりと商品知識を付けてからOEMをしましょう!

 

 

 

Skypeであなたとお話しできて、それが原動力に・・・!

自分は、一人暮らしですし、普段遊ぶ友人にはこれほど稼いでいるよとか自慢したり言ったりしません。

 

ビジネスの話はしないです!

 

母にLINEで 「今月は200万だったよ」と報告するだけです(笑)

 

すると「おいしいもの食べに行きたい」とか言って、バスツアーのチラシの写真が送られてきました。

 

また、親孝行にどこか旅行へ行こうと思います。

 

一人で もくもくと仕事をしていたらここまで達成できなかったと思います!

 

 

こうしてSkypeで「あいのりについて、リサーチ方法が不安です」 とか

 

「ノウハウマスターはどうやって抜け出せますか」 とか

 

いろいろな質問を受けたりして、私を信用して頼ってきてくれる方が多くなり、

 

それが私の原動力にもなります。

 

質問にちゃんと答えるために言葉にして自分の意見を発することで、

 

私にとってこのビジネスを再確認できる場にもなっていますし、

 

逆に私がその立場だったらと考え、勉強させてもらっています。

 

ありがとうございます!あなたからのSkypeもお待ちしていますね!

 

 LINE@も始めました。

よかったら登録お願いします! IDは@mihosuke です!

 

では、8月も張り切っていきましょう!

 

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

 

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

 

 

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

 

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

 

 

みほすけメルマガバナー

 

みほすけの日常   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: