【時事ネタ】中国人セラーのネット通販やらせレビュー

どうも、MIHOSUKEです。
いつも皆さまに優良な情報を!を思って記事を書いていますが、
今日は時事ネタを【このネタは2019年10月執筆】書きたいと思います。

あなたはアマゾンでの中国人レビュー問題をご存知でしょうか?

中国人の人柄なのか、ビジネスとしてとらえているのか、わからないですが、中国人はアマゾンで悪さばっかりします(笑)

悪いことをしてでも稼ぐのだという競争心があるのでしょう。
正当に戦いたいのだけどというのは私たち日本人の立場ですが、インターネットで戦うアマゾンで
この思いは消費者に届くことなく中国人の商品が買われてしまいます~!
一般消費者からしても、いちいち中国人セラーかどうかなんて見てないですもんね。

中国人がやっているレビュー操作についてお話ししましょう。

私はこれを知ってますが、決してやろうとなんて思わないから
ブログでご紹介してしまいますね。

中国人はレビューを操作をしていているセラーが多いです。

そのレビューのやり方というのは、たとえばFacebookで商品を無料であげるからレビューしてくださいと依頼したり、
中国国内でそういったレビューを募って依頼したり、ということで大量にレビューを付けてきます。

でもこれがバレると、アカウント停止になったり、商品ページからレビューを削除されたりという問題が出てきますよね。

現在Facebookレビューで言うと、
レビューの掲示板がどんどん削除されたりしています。

ですがまだまだこういった掲示板は存在しています。

レビューを書くかわりに、0円で購入者は商品がもらえるので、
それをメルカリなどで転売して稼ぐなんて手法で稼ぐ人も出てくるくらい、
このFacebookレビューは日本の転売系の中でも
「こうやってアマゾンでレビューを集めているんだ」というのを知っている人は知っているっていう情報となりました。
昔はひそひそやっていたのでしょうが・・・で、
最近こういった情報もテレビで報道されるようになりました。

追跡!ネット物販やらせレビュー

さてこうした問題がでて中国人はどうするか というと・・・

こうしたこと辞めようとしません。
しかもアカウントが停止になってもいい状態を用意してきました。
その方法を今回は紹介します。

例えば、チャイナコップという商品ページをチャイナショップというセラーが作成して、出品したとしましょう。


ここに、パンダショップというセラーが相乗りしてきたとします。


パンダショップからチャイナコップを購入したとしても、商品レビューは同じページに溜まります。


もし、そのレビューが不正だったとして、アカウントが停止になったとしてもパンダショップがアカバンになるだけで、
チャイナコップという商品ページも、チャイナショップというセラーにも傷がつきません。

チャイナショップの サブアカウントがパンダショップで、
パンダショップで悪さをして、チャイナショップは健全なショップと見せるのです。
中国ではそうやってメインのアカウントを守りながら、サブアカウントで悪さをする というようになってきています。

Amazonではどうやってこのサブアカウントで悪さをしているかどうか なんて見分けるのでしょうか。
中国人に言わせてみれば、苦手なのは日本語だけ あとは全部勝てる と言われてしまいます。

それだけグローバル化が進みアマゾンでの販売なんて国境はないのでしょうね!
今回は中国人がやっているレビュー操作についてでした!

てかこんな手法されたらアマゾンはどんな対策をしてくるのでしょうね(笑)
様子をみてみましょう。

余談

ほんと中国人と日本人って感覚が違いますよね。
一例をあげると中国へ行ったとき、偽物のスニーカーショップが堂々と店舗を構えていました。
ガイドさんに「えっ・・・明らかに偽物ですよね・・・」というと
「はい、でも品質はいいですよ」
と言われ、その返事がまさに中国人らしいと思いました。

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください