アマゾンで中国輸入!理解しておきたいバーコードについて

どうも、MIHOSUKEです。

今回は読者さんよりこのような質問をいただきましたのでシェアしたいと思います。

よし!中国輸入を始めてみよう!というときに、私もこの件についてはちょっと混乱しました!
バーコードと言ってもいろんな種類のバーコードがあって、頭が混乱しますよね!
今回はバーコードについてのみ特化して解説していきたいと思います。

この記事を読めば、アマゾンで利用するバーコードとその仕組みについて理解できるようになります。

私は中国輸入商品をアマゾンで販売しているので、バーコードについて理解できてますー!

ですが、このバーコードについて理解するには、
アマゾンの仕組みや出品方法・納品方法など様々な内容を理解しないといけなくなるので、
余計頭がこんがらがってくる人もいるかもしれないです。

もし、こんがらがったら、メッセージでご質問くださいね!

【基本】アマゾンではアマゾン専用のバーコードが生成されます。

アマゾンでは、アマゾン専用のバーコードがあります。

こーゆうものです。


アマゾンで注文があった際、このバーコードを元に在庫管理、売り上げ管理がされています。

商品ページを新規作成する際はJANコードが必要になります。
自分でオリジナルの商品ページを作りたい!という場合はJANコードを取得しておきましょう。

JANの取得はとても簡単です。

JANを取得するのって法人や個人事業主届を出してないとできないんですか?

そんなことはありませんよ!個人の方でも取得可能です。私もOLで副業時代から取得していました。

 

JAN申請の内容で何を書けばいいかわからないときはどうすればいいですか?

お近くの商工会へ問い合わせをするか、直接商工会へ行って質問すると丁寧に教えてくれます。

 

1商品のバーコードを生成したい場合、一回ずつ申請しないといけないんですか?それだととても手間なんですが・・・

いいえ、そんなことはありません。一度取得すれば大量にバーコードを生成できるようになります。いちいち申請したり、商品登録をするたびに報告したりはしなくていいです。
一度やってしまえば、大量に商品登録できるようになりますし、この申請方法を覚えないといけないこともないのでやってしまいましょう!

 

新規商品ページの作り方はこちらからご覧ください。

  中国輸入 新規出品編 ~登録方法~

 

【あいのり出品】の場合はJANコードは必要ない

相乗り出品とは、すでにできてある商品ページにあいのりすることを言います。

相乗り出品の場合はすでに誰かのJANを元に生成した商品ページがありますので、あなたが持っているJANを登録する必要はありません。
わかりやすい例で言うと ニンテンドースイッチがスーパーで安く売っていて、アマゾンで高く売っていたとします。
その商品をアマゾンへ出品するときに、すでに出品されているアマゾンの商品ページに相乗り出品します。任天堂が持っているJANコードで登録されたアマゾンの商品ページがあるはずです。自分のJANコードで任天堂スイッチは販売しないですよね。

家電系のせどりなんかはほとんど相乗り出品だと思います。
同様に中国輸入でも相乗り出品が可能です。

 あいのり出品方法はこちらの記事をご覧ください。

中国輸入 あいのり出品の登録方法

これまでのまとめ

【アマゾンではアマゾン専用のバーコードを元に管理されている】

新規出品→JANのバーコードが必要
あいのり出品→誰かのJANを元に生成した商品ページがあるのでJANはいらない

 JANとアマゾン専用バーコードについて理解できたと思います。

では次は納品方法によって異なるバーコードについてお話します。

 

FBA納品時編 アマゾン専用バーコードを商品に張り付ける

 まずアマゾンでは、アマゾン倉庫に荷物を送って、発送や返品管理などすべて自動でおまかせするFBAというサービスがあります。

FBAを利用すると、アマゾンプライムマークが付き、
商品が注文されれば自動でアマゾンがお客さんに荷物を発送してくれますし、
お金の管理も返品もすべて自動になりとても楽です。

このFBAを利用したい場合には、
中国輸入の商品をアマゾンの指定倉庫へ送る必要があります。
アマゾンは日々たくさんの出品者セラーから荷物が届きますが
誰から、何の荷物が届いたのかを把握するためにもアマゾン専用のバーコードを商品にシールとして張り付けておく必要があります。

自宅で自分で張り付ける場合にはこのシール用紙が便利です。

プリンター機はこちらがおすすめです

  中国輸入に最適なプリンター機はコレ!

納品方法について詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください、

中国輸入 FBAの発送方法

 アマゾンではFBAがあるといいましたが、FBAに納品せずに、自分で商品をお客様の元へ届ける配送方法もあります。
これを自己出荷とか自己配送と言ったりします。

FBAと自己出荷の違い記事

中国輸入 FBAと出品者出荷の違い メリットとデメリット

 自己出荷の場合

この場合、アマゾン専用バーコードはどうすればいいのか?といいますと・・・

特に張り付ける必要はありません。
張り付けていないからといって、クレームがくることもありませんし、義務でもありません。

納品時のまとめ 

FBAの場合はアマゾン専用バーコードを張り付ける必要がある。
(新規でも相乗りでもアマゾン専用バーコードは生成されるのでそれを商品に張り付けて発送)

中国からアマゾンFBA納品を直送してもらう場合は?

中国輸入の代行会社にアマゾンに直接送ってもらう場合は、このアマゾン専用バーコードと段ボールに出品者○○からの荷物ですよとわかる用紙を貼る必要があるのですが、そちらを代行会社に提出する必要があります。

納品を作成するとPDFが生成されますのでそのデータを代行会社に送ればOKです。

やっぱりややこしい?!と感じる方のために、これまでのまとめを作りました。

PDFデータプレゼント


まさかこれでずっとブログの更新が遅れていたとは・・・

これでわかりやすいはず!(笑)
黄色い枠で囲っている箇所は、自分で作業しないといけないところです。

こちらのデータは、メルマガ登録してくれた方にプレゼントしています。
コンテンツページから無料ダウンロードできます!

ダウンロードはこちら
パスワードは無料コンテンツサイトのパスワードです。
メルマガに記載しています!

いかがでしたでしょうか?

JANとアマゾン専用バーコードの2種があることが理解できたと思います。
出品形態や納品方法によりいろんなパターンがありますのでちょっとややこしいかもしれませんが、慣れれば簡単です!

こうした質問が出てくるというのは実際に作業しているからこそですよね。
このような質問はブログだけ見て少し行動してみた方からの質問です。
あなたもささいな質問だなと思うことありませんか?
質問があればお待ちしております。

楽したい、さっさと稼げるノウハウが知りたいと思う人も中にはいますが、
しっかり内容を理解して実践して行動しないと物販は稼げません。

せどりやアフェリエイトとかだって同じ原理だと思います。
稼げる人もいるのに稼げない人もいるのは、そういうことです。

しっかり基礎を理解してコツコツ作業できてると稼げるようになってきます!

こういった質問もしっかりできれば一歩ずつ前に進むことができ、
ネットで物販で稼ぐことができるようになってきますよ!

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください