Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中国輸入 FBAの発送方法

どうもMIHOSUKE(みほすけ)です。

今回はFBAの発送方法についてご紹介します。

FBA(マルチチャンネルサービス)とは

アマゾンや自社のECサイトや実店舗、

オンラインショッピングモール店舗など、

Amazon以外の販売経路で販売している商品も出荷・配送・在庫管理までを、

Amazonが代行して運用する物流サービスです。

アマゾンに倉庫を持つことになるので、その分手数料がかかります。

月間にかかる保管料や配送料などは大きさ・重さによりさまざまですが

FBAシュミレーターで料金を確認することができます 

参考 FBAシュミレーターFBAシュミレーター

さて、アマゾンでの中国輸入の場合、FBAで納品するか自分で出荷する自己出荷の方法があり2択です。

中国輸入 FBAと出品者出荷の違い メリットとデメリット

前置きが長くなりましたが、今回はそのFBAの納品方法についての説明です。

まず、FBAの納品の仕方は、大まかに3つあります。

①自分でアマゾンの倉庫へ送る。

②中国から直送する。

③日本のFBA納品代行会社を利用する。

です。

②の中国から直送する方法は、代行会社さんやパートナーが安心できる人である場合は実施しても良いと思います。

ですが、信用できない状態で頼むと全く違うものをアマゾンに納品されてしまったりするので気を付けて実施してください。

私はそれで失敗したことがあります・・・。

ですので、私がおすすめする代行会社など詳しく掲載してます。

amazon fba納品代行も!中国輸入代行業者比較

③は私はまだ実施したことないのですが、手数料が高いという話をきいたことがありますのであまりお勧めできません。

その他自分でアルバイトを雇ってその人に検品やバーコード張りの作業してもらうなどありますので、

外注サイトで募集するなどしても良いでしょう。

やり方は何パターンもあります。あなたに合ったやり方をみつけるのも

この物販ビジネスの面白いところです!

では基本の①の場合をご説明します!

用意するもの

①ガムテープ(透明の大きなもの)100均一でいつも私は購入しています。

②段ボール(160cmサイズ)

自宅から発送でしたら、中国から送られてくるときの段ボールをそのまま使ってしまうのがおすすめです。

もしくは、薬局などで大きい段ボールをもらってきましょう!

③プリンター

 おすすめプリンターはこちらです。中国輸入ではモノクロくらいしか使わないです。

 安価品や互換品インクをつかっているとそのうち壊れるのでこちらがおすすめです

 (購入して1年くらいになりますが、未だ、ほんとおすすめです)

中国輸入に最適なプリンター機はコレ!

バーコード用シール

バーコードを張る用のものです。

はがれるタイプの物の方が失敗した時に綺麗にはがせます。

失敗談として聞いてください(笑)

バーコードを張り間違えるとそのままお客さんにとどきます。

「全く違うものが届いた」とお客様に多大なる迷惑をおかけしてしまったこともあります。

張り間違えには十分ご注意ください!!

⑤透明のOPP袋(用途に合わせて)

中国の商品もOPPに入っている場合があります。

しかし、入れ替えるだけでもかなり綺麗に見える場合が多いです。

なんかキッシキシの艶のない粘着力もない袋で入っている場合が多いです。

ちょっとした違いでも商品価値を高めるポイントになりますよ!

FBAに納品する方法は、アマゾンジャパンが用意してくれた、こちらの動画があるので、よくみてください。

ルールもあるので見ると勉強になると思います!

FBAに送る送料を安くするにはFBA発送に特化した配送サイトを活用する

エコムー便がおすすめです。

佐川さんが持ってきてくれます。

送料を安く抑える方法

個数が増えてきたら ヤマト便

ヤマト便とは宅急便のサイズ(縦・横・高さの合計が160cm以内、かつ重さが25kgまで)を超えるお荷物や、一梱包あたり30万円を超えるお荷物に特化したクロネコヤマトの配送です。

③自分でヤマトや佐川などに見積をして事業として価格交渉する。

佐川さんはあんまり相手にしてくれない場合が多いようです。ヤマトや佐川に限らず、いろんな運送会社に交渉してみると良いですね。

④はこBoon を利用してTポイントで発送する

 こちらはサービスが停止になってしまいました・・・!

またいいサービスがあればご紹介しますね!

なるべく発送にかける費用は安くしましょう!

更新情報

FBA倉庫を指定することができるという記事を以前は記載しておりましたが、

2018年中旬に、アマゾンが倉庫指定ができないようにしました(これは悲報・・・)

倉庫指定ができないので、倉庫がバラバラになる場合は、コストを考えてしっかり計算してください。

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください