Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中国輸入 仕入禁止商品

どうも、MIHOSUKEです。 今回は中国輸入、仕入禁止商品についてご紹介します。 仕入禁止商品とは中国から日本に送ってはいけない商品のことです。

偽物の商品は購入しない・売らない

中国には偽物がたくさんありますから、偽物を販売しないようにしなければなりません。 例えばハローキティ―やアンパンマン ドラえもんなどアニメ類の偽物やフィギア系も偽物が多いです。 ブランドの偽物もあります。 スーパーブランドと呼ばれるルイビトンなどはたとえ本物であったとしても、輸出許可書がないと輸出は許可されません。 偽物類の販売は実際に捕まる人もいらっしゃいます。「それがブランドものだとは知らなかった」ということでは済まされません。 コスプレ系などハロウィンではよく購入される方がいます。もちろんよく売れるので良いのですが、 ロゴなどが入った商品や アニメの名前をうたった商品名のものなどは危険です。(進撃のマントも出品してはいけません) 特にロゴなどが記載されている商品は大変危険で、 アカウント停止や著作権などの問題で訴えられる場合もありますから、取り扱わないようにしましょう。 2016-09-27_201024   私はアニメ系や危ないと思ったものは一切仕入れませんが利益が出せています。 こういった危ないものは 購入しない・売らない ようにしましょう!    

規制がある商品は購入しない・売らない

コンセントが付いているものは取り扱わない 電気用品安全法という法律で、電気類に関する法律があります。 電気製品の製造・輸入事業者は、法律にしたがい 「特定電気用品PSEマーク」、 「特定電気用品以外の電気用品PSEマーク」 といった安全マークを必ず表示することが義務付けられています。中国で売られているものにはこういったものが取得されていないので、販売しないようにしましょう。 取得には結構手間とお金がかかるようです。私はいつか取得できるようになりたいです。     電波法はご存知ですか? 世の中には様々な電波が使われていますが、電波にも法律があります。 技適マークが付いてない無線機を使用すると電波法違反になる場合があります。 しっかりと調べてから仕入れるようにしましょう。     医療機器類 医療機器を取り扱うにも規則があり高度医療機器販売許可書 というものが必要になってきます。許可証にも高度医療機器販売許可書だったり少しややこしいところがあるので、気を付けないといけません。例えばAEDやパルスオキシメーターなどは医療機器です。 体温計は口に入れる場合もあり医療機器とみなされていますが、中国で簡単に仕入れることができます。 法律に触れる場合もありますから仕入れないのが賢明です。 医療的な商品を仕入れようとする場合は問題ないかしっかりと調べましょう。   食品類 食品衛生法により、食品類は輸入者は輸入届け出の義務が課せられています。食品は取り扱わないのが良いでしょう。 食器類も取り扱わない方が良いです。食器、食品保存用の入れ物(タッパやお弁当箱)なども、直接食品に接することから、検査の対象になりますので、購入の際には注意が必要です。    

最後に

アニメ系はよく売れるのでいたちごっこのような感じでよく出品する人がいますが、アカウント停止になる危険性や捕まる場合もあります。 また、コンセント類も知らずに出品している人がたくさんいますので、購入者の身に火事でも起きたら大変なことです! 安心できるものを購入しましょう!   最後までご覧いただきありがとうございました。 【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】 わからないことがあれば、スカイプでなんでもお気軽に質問してきてくださいね。 スカイプIDは mihosuke-amazon です。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください