アマゾン輸出で無印良品のリサーチで見えてくる事

どうも、MIHOSUKEです。
今回は無印良品の商品についてのリサーチをご紹介したいと思います。

無印良品の商品はご存知ですか?

日本の人気ブランドで専門小売業者です。
主に家具や文具、キッチン用品などを取り扱っていて、
私もアロマポットや寝具を購入したりしています。
冷蔵庫・洗濯機も購入したことがあります。
無印良品のデザインはとても好きです。

アロマポットを紹介している記事はコチラ
効率を上げる工夫 色や音・匂い

シンプルでどんなインテリアにもなじみやすく、日本人に好まれる温かみもあるデザインです。
こういった、日本製のブランドはアメリカでも大変人気で、無印良品というだけで売れていきます。

では、さっそくアメリカのアマゾンで無印良品をリサーチしてみましょう。
MUJI や MUJIRUSHI といったブランド名で登録されています。

無印良品の商品は日本のアマゾンではあまり出品されていませんが
アメリカのアマゾンでは多く出品されています。

アメリカで出品されている無印のASINを日本のアマゾンで検索しても
出てこないものが多数あります。

そういったものはJANコードで検索し、日本の無印良品で検索すると良いです。
JANコードを知るには プライスチェックUSでASINを検索すると良いでしょう。

無印良品の仕入れは無印良品のネットストアを利用すると良いでしょう。

無印良品はMUJI.netメンバーになっておくことをお勧めします。10%OFFで購入できる無印週間という時期があります。

参考 無印良品無印良品

リサーチ中にJANコードで検索しても出てこない無印良品の商品がありました。

ASIN:B00K4BFYRO を見てみてください。
こちらの商品は大変人気ですが、このセット組はオリジナルで作られたものです。

こういったものは利益計算に手間がかかる分、参入者が少ないです。

このASIN:B00K4BFYRO を例にしてわかるように、

日本のAMAZONで売られていない日本製のものを
自分独自のASINで出品するという新しい発想があります。

これだと日本のAMAZONからの検索リサーチにはヒットしないので、
ライバルにあいのりされるリサーチ対象になりにくいメリットと、
自分で新規登録をしないといけないという面倒なデメリットがあります。
こういった新規登録をするには、JANを申請しておく必要があります。

新規登録の仕方もいたって簡単ですので、ブログで紹介していきます。
公開までしばらくお待ちください!

こちらは今無印良品を例に挙げましたが、ダイソー商品も日本のAMAZONになく、
アメリカでは売られているという商品がたくさんあります。

こういった日本製の商品もリサーチ対象とすることで、商品の幅が広がります。

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください