アマゾン輸出で売りたい商品の売れ行きを調べる方法

どうも、MIHOSUKEです。
今回はアマゾン輸出で売りたい商品の売れ行きを調べる方法がありますのでご紹介します。

すでにアメリカのアマゾンで登録されている商品に対して、
過去の売れ行きがわかれば、自分が入れても大丈夫なのか予測することができますので、
しっかり把握できるようになりましょう。

例えば、よく売れている商品に対して無在庫販売のセラーしかいないものに対しては
FBAで入れてはどうかも検討できますし、売れている商品が季節的に売れやすくなっている
のかもしれませんし、徐々に値段が下がり売れていないものもわかります。
そういったことをグラフでわかるサイトがあります。

プライスチェックUS

参考 プライスチェックUSプライスチェックUS

コチラのサイトはグラフで過去どのような売れ行きであったのかと、値段の変動がわかります。
参考にこちらのヤカンのASINを抜き取ってみました。

2016-07-16_084821

2016-07-16_085255

2016-07-16_084450

このように変動がわかります。よく売れていることがわかりますね。
注意すべきなのはこれはランキングの変動であるということです。
売れた個数ではないので、何個売れたまではわからないが、
売れたからランキング変動があったのだと理解すると良いでしょう。

次に値段をみてみましょう。

2016-07-16_085517

青が価格で、ピンクが出品者数です。
青の価格は50.36$から変動がないことがわかります。
ピンクの出品者数は減少傾向にありますね。
ですがこれは参考程度と思っておくと良いです。
しっかり今の値段はどうなのか 商品の出品者のページを見てみましょう。

2016-07-16_085653

FBAに納品しているセラーは4人いました。
利益が取れるのであれば、FBAに入れても良いでしょう。
このように判断することがすぐにできました。 
次に日本でこの商品をいくらで仕入れれるか調べると良いでしょう。
同様のサイトでもう一つありますのでご紹介します。

モノレートUS

参考 モノレートUSモノレートUS こちらもプライスチェックと同様のことが可能です。

2016-07-16_090442

12month (1年間)でみてみました。ランキングの変動がよくわかります。
3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月でのすべての変動グラフを見ることができますから
参考にしてください。

最後に・・・

コチラのサイトはあくまで参考程度にしていってください。
ランキング変動が少ない商品はあまり売れないということですから
FBAの仕入は慎重に行ってくださいね!
無在庫の場合はあまりランキングにこだわらず、とりあえず出品しておけば良いです。
こういった記録はエクセルなどでやっておくと良いでしょう。

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

4 Comments

池ちゃん

おはようございます。
売れそうなものをドンドン出品すると良さそうですね。
しっかりと下調べしていきます。
今日もありがとうございましたm(_ _)m

返信する
MIHOSUKE

池ちゃん様コメントありがとうございます。こんにちは。
そうですね!売れるそうなものをたくさん見つけてください。
売れ行きを調べると予測できますから下調べにぜひ活用してください。

返信する
まつ

プライスチェックUSは最近閉鎖してしまったようですね(>_<)残念です

見慣れないのであっちをみたりこっちを見たりで目が回ります
作業に慣れてリサーチどんどん進めていきたいです。

ありがとうございました。

返信する
Miho

下調べは本当に大事な事だと分かっているのですが、中々コツがつかめずに苦戦中です。
毎日リサーチの数をこなして作業効率をあげていけるように頑張ります。
いつもありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください