アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

パソコンでデータ管理【Dropbox ドロップボックス】を解説!

読了までの目安時間:約 6分

 

どうも、MIHOSUKEです。

 

 

今回は、PCでデータの管理はどうしてるんですか?

 

 

仕事でどうやってデータのやり取りをしているんですか?

 

 

という質問がありましたので、私が使っているドロップボックス(Dropbox )についての

 

ダウンロード方法や使い方など解説していきたいと思います。

 

 

無料と有料コースもありますので、まずは無料から、あなたもドロップボックス(Dropbox )使ってみてください!

 

ドロップボックス(Dropbox )とは

 

2007年に創立したアメリカのDropbox, Inc.という会社が作っている、オンラインストレージサービスです。

 

 

CEOはドリュー・ハウストンさん です。

 

 

オンラインストレージとは、オンライン上つまり、インターネット上にストレージするという意味です。

 

 

ストレージとは記憶装置という意味です。

 

 

要するに、インターネット上にデータを保管するためのサービスを提供している会社ということです。

 

 

ドロップボックスのメリット

(※実際に使用している私の意見です)

 

デメリットは今のところ感じていないのですが、まずメリットを述べます!

 

 

まず、パソコンがもし落雷とか、紛失、故障などで使えなくなったとしましょう。もう電源すら入らない!そんなとき

 

インターネット上に仕事フォルダが保管されているので、新しいパソコンにすぐにドロップボックスをインストールすれば

 

 

すぐに同期が始まります(インターネット上のデータをすぐに開ける状態に)

 

 

最新の状態で仕事がすぐスタートできます。

 

 

なので、パソコンを買い替えたときとかもすぐに仕事ができるので便利です!

 

 

 

 

次に、外注管理にも便利です。

 

ドロップボックスの機能でファイル共有という機能があります。

 

 

この機能を使えば、ドロップボックスの特定のフォルダだけ外注さんと共有ができます。

 

 

そのファイルしか外注さんは見れないし、外注さんがエクセルを更新すると、すぐさま更新されるので

 

 

「仕事してるな」という確認にもなります。

 

 

次に、外注さんが、「操作ミス」したとき慌てて連絡してくるんですが、なんとドロップボックスは、過去に保存が更新されるたび

 

 

バックアップをとってくれています。

過去データに直す という作業も簡単にできるので、私は何度か救われた経験があります。

 

 

メリットをまとめると

 

 

1.安心 

(インターネット上にあるので今のパソコンが壊れても、新しいパソコンに換えてもすぐに仕事ができる

 

 

2.ファイル共有で外注管理にも便利

(特定したファイルだけ共有することができるので、外注とのデータ共有がしやすい

 

 

3.バックアップ機能

(操作をミスしたものを上書き保存してしまっても過去データを呼び戻せる)

 

 

デメリットはないの?

 

デメリットは今のところ感じたことはありません。

 

しかし、上げるとしたら、先ほどのメリットである安心が不安になる人もいると思います。

 

 

オンライン上にあるってことはウィルスが入ったり、

情報流出の恐れがあるのではないか?

 

ということです。

 

ドロップボックスに入るにはログインIDとパスワードが必要ですが、そのIDとパスワードが盗まれたりしたら大変ですね。

 

 

一応私は、銀行とかそういった重要なIDやパスワードはドロップボックスには入れてません。

 

 

念のためにこうしたリスク回避、もし盗まれたらヤバそうなものは入れておかないようにしましょう!

 

 

 

デメリットまとめ

 

オンライン上にあるので、データ流出が心配

 

ですが、私はこのデメリットは感じたことはないですし、感じたくないですね(笑)

 

 

しっかりデータ管理しながら活用していってもらえれば問題ないです!

 

 

しっかりウイルス対策ソフトも入れておいてくださいね!

 

 

使ってみたいという方はぜひ無料からスタートしてみてください。

 

 

ドロップボックスはこちら

 

 

・・・長くなりそうなので続きは次回の記事にします!

次の記事はこちら

 

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

 

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

 

 

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

 

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

 

みほすけメルマガバナー

 

アマゾン輸出 基礎知識 中国輸入 基礎編   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: