アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

なぜ今アマゾン輸出なのか

読了までの目安時間:約 4分

 

MIHOSUKEです。
なぜ今アマゾン輸出なのか をお話しさせていただこうと思います。

今やグローバルな世の中になり、どんな物でも買えるようになりました。
今後ECサイトはさらに加速するというデータもあります。

それに比例するかのように、アメリカ人の日本好きはさらに加速しています。
日本のアニメ・ゲーム・音楽・本 思想までもが、アメリカの人に認められてきています。

いろんな文化を知ることができ、興味を持ってもらえてきています。

さらには2020年にはアメリカの全世帯の50%がAmazonプライム利用者になるということです。

アメリカ人口は3億人ですから人口の約半分が全世帯の50%ですから、 1.5億人です。

(日本の人口は1.273億人で減少傾向です、現在4000万人程度が利用者だそうです。)

どうでしょう・・・日本でライバルと争いますか?

アメリカの方がお客様が多いですね。それにこのビジネスをしている人は相当少ないはずです。

 

このような、時代に生まれてきたのですから、この波に乗らないわけにはいきません。

このビジネスは、インターネットが普及し、アメリカの人が日本を求めている
という基本的な環境がとても良い条件となっています。

また、一人でしなければいけないビジネスなのか と言われるとそうではありません。
このビジネスでは、便利なツールや 手伝ってくれる外注さんがいれば、
大量の物流でも回すことが可能です。そして安定的に稼げる手法があります。

あなた一人がてんやわんやする ビジネスではありません。

必要なのは パソコン と マインド と 資金 です。

パソコンは1台で良いです。

基本的な操作ができれば問題ありません。

マインド
マインドが一番重要だと言っても過言ではありません。私がこのビジネスをマインドのない状態でやったら、
間違いなく失敗していたと思います。
このブログではマインドセットして次に進んでいただくための記事をたくさん掲載しています。
私のノウハウを見る前に、まずはマインドセットから入っていただきたいと思います。

資金

資金の集め方は、いろいろあります。
私も資金集めに少し時間がかかりましたが、
今もその資金集めは継続しており、こちらでも安定的な収入を得ることができています。
こちらについても記事で紹介しております。

こういったことを含め、アマゾン輸出で在宅で稼げています。 ですから一緒に頑張ってみませんか?

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

わからないことがあれば、スカイプでなんでもお気軽に質問してきてくださいね。

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

みほすけメルマガバナー

 

アマゾン輸出 基礎知識   コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. まつ より:

    今回もありがとうございました。
    この先も楽しみです。

  2. Miho より:

    アメリカのAmazonの市場は本当に大きいですね!!
    私の周りでも半分くらいの友達はプライム会員です。
    そのプラットホームを使わない手はないですよね。大きな可能性を感じてワクワクしました。ありがとうございます

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: