お金持ちになる方法

MIHOSUKEです。
今日はお金持ちになる方法についてお話したいと思います。

いきなりですが、あなたのためのお金はいくらありますか?

私が社会人のころ読んだ本で、バビロンの大富豪 という本がありました。

この本を読んで、衝撃だったことがあります。

それは紀元前の人が唱える お金持ちになる方法というのは 今も変わらないということです。

紀元前から今まで、ずっと変わらない方法だというのに私は今まで学ばずにいたことをその時とても後悔しました。

お金持ちになるには・・・?

私は家賃・食費・医療費・年金・税金そういったものを払うために働いていたのであって、

本当に自分が使えるお金を得るために働いているのではなかったということです。

毎日自由になりたくてもなれないのは、すべて、何かを支払うためのお金だったからです。

こういった、絶対に必要なお金 のために 働きたくもないのに働かされていたということに気が付きました。

絶対に必要なお金以外のお金はどれだけあるのか?自分の為のお金はいったいどれだけあるのか?

そういった事をよく考えてお金に向き合わなければなりません。

そして、自分の為のお金 を 貯めますが、それをずっと貯蓄するのではなく、お金を働かせる ということをするとお金が溜まります。

一発勝負のようなギャンブルではなく、もっと賢いしっかりした投資をするのです。

お金には法則があり、給与の10分の1を絶対に自分の為に貯めていく ということが重要です。

1年・・2年・・・10年経ったとき その金額はいくらになるでしょうか?サラリーマンとして入社した当初から10分の1貯めていたらいくらになりますか?

10分の9で生活していくスタイルを築き、それができない生活なのであれば、生活の基準を下げるしかありません。

そうしてでも10分の1は絶対に貯めるのです。

それに慣れてしまえば、10分の1を貯めるのは苦でもありません。 

溜まったお金はあなたが働くのと同様、お金を働かせます。

こうした考えを持つことで、 働いても働いてもお金が溜まらない。いくら働いても自由になれない という考えから払拭できるのです。

自由を獲得するにはこうした努力が必要です。

10分の1貯める といいましたが、10分1でもお金を貯めていると、引き寄せの法則が働き、10分の1以上にさらにお金が溜まっていきます。

それはあなたの精神が自分のためのお金 ということをよく考えるようになるからだと思います。

支払いだけのお金 を給与としてもらっている生活はもう辞めましょう。

私がOLだったころは 家賃・食費・光熱費・衣料品・必需品 と生活していくためだけのお金の為に精いっぱいでした。

母にお金を借りることもありました。
普通のOL 立派なOL そう思っていたのに、心の中では苦しい気持ちでいっぱいでした。

今は10分の1 以上 貯蓄ができています。そして、こうしてブログを書く時間もあり、心に余裕ができました。

あなたは10分の1 貯蓄できますか? できるのであれば絶対した方が良いです。
そしてそれ以上にあなたが現状を抜け出したいと思っているのであれば絶対に変化するべきだと思います。
私がそうだったからです。私ができたんだから絶対あなただってできるはずです。

よかったらぜひ読んでみてください。

バビロンの大富豪

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

わからないことがあれば、スカイプでなんでもお気軽に質問してきてくださいね。

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

8 Comments

Miho

現在実行中です。節約してできるだけ早く資金を集めてお金とパートナーシップを組んで自分の為のお金をもっと増やしていきたいと思っています。
頑張ります。

返信する
Toyama Hiroshi

お金を貯めることはしていますが、安心のために残していました。まだ不十分ですが。
お金を働かせないとダメですね

返信する
YOSHITAKA FURUTANI

10分の1の貯蓄に近いことをやっています。
バビロンの大富豪も面白すなので
読んでみます!

返信する
ユウ

支払うお金が多いと働かされているという感覚になりますね。
10分の1貯金やってみようと思いました。

返信する
イワケン

MIHOSUKEさんがおっしゃる通り、毎日を過ごすためのお金を稼ぐだけの毎日だな~と思ってしまいました。自分のしたかった仕事についたけれど、将来性にかなり疑問があります。十分に貯蓄ができるように、心に余裕をうめるようになりたい!と強く思いました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください