アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

否定してくる人の言葉は気にしない

読了までの目安時間:約 5分

 

どうもMIHOSUKEです。

 

いきなりですが!

 

話すことを何でもかんでも否定してくる人っていませんか?

 

 

 

何気ない会話でたまのことであれば

 

大したことはありませんが、毎回否定されては、この人と何か話をしようという気にもならないのではないでしょうか?

 

なんか嫌われてるのか?と自分が何かいけないことをしたのかなと考える人もいるでしょう。

 

 

 

否定する人の特徴は?

 

自分の知らない事やわからない事を話されると、否定する人。

 

 

気に入らないことを表現する人です。

 

 

例えばネットビジネスの話を話したとしましょう。

 

 

相手にとってそれは「知らない事」「わからない事」です。

 

そうしたものは否定します。

 

相手がちょっと知っていたとしても「怪しい」という印象を持たれている場合もありますね。

 

 

否定される確率は格段にあがります。

 

 

「今のままでいいじゃん」

 

 

「正社員を辞めるのはもったいないことだ!」

 

「外でいろんな人と交流して働いたほうが楽しいよ?」

 

 

 

私はこんなことを言われ、応援はもちろんされませんでした。

 

 

こうした人はなぜ否定してしまうのでしょうか・・・。

 

 

それはその人の心理が「思い込み」でできているからです。

 

 

それは、意図的であったり、無意識であったりします。

 

 

「大体ネットビジネスは失敗するだろう」という思い込みが 相手にあったとしたら、それをそのままぶつけてきます。

 

 

 

否定する人との付き合い方 仲よくする?距離を取る?

 

私は昔、否定的な友人がいたので、

 

なぜこの人は私の事を否定ばかりするのかと、彼女ともっと仲良くしてみよう!

 

としたことがありました。

 

ですが・・・結果は惨敗です。

 

 

嫌いになってしまっただけでした(笑)

 

 

一緒にいて心地の良い空間で、楽しく過ごせると、自然と会う機会は訪れるでしょう。

 

 

否定的な友人には、ストレスを抱えて気を使うよりほどほどの距離を取っておくほうがよいです。

 

 

 

こうした 思い込み の心理はあなたにもあるのかもしれません。

 

 

自分が否定的な人間になっていないか。固定概念がありすぎていないか同時によく考えてみましょう。

 

 

そして、あなたが新しいことを始めたいとき、その話をする相手は慎重に選びましょう。

 

 

否定されても、大半が否定してくるものなのですから、

 

 

あなたは何も落ち込んだり不安になったりしてはいけません。

 

 

はあなたを応援しています!

 

 

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

わからないことがあれば、スカイプでなんでもお気軽に質問してきてくださいね。

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

みほすけメルマガバナー

 

マインドセット編   コメント:6

この記事に関連する記事一覧

コメントは6件です

  1. まつ より:

    わかりました!

  2. 宇野 より:

    いますよね、必ず否定する人。実際、そういう人は自分中心で、自分を誇示する為に、人の反対の事を言うのだと思ってます。同意を求めたいときは、わざと逆の事を言ったりします、すると、私の思っている事を言ってきます、してやったりです。

  3. K より:

    自分の感覚を信じて、「この人は信頼できる」と思った人との付き合いをなによりも大切にしよう。

  4. やすし より:

    がんばる

  5. Miho より:

    何でも否定する人ってどこにでも居ますよね、でもさー。が口癖の人とは関わらないようにしていました。間違ってなかったようで安心です
    だよねーって共感してくれたり、いいじゃん!って言ってくれる友達と本当に楽しい時間を過ごせるので、これからもそんな友達と関わって行きたいです。
    最後のミホスケさんの私はあなたを応援していますの一文に勇気付けられます。
    ありがとうございます

    • MIHOSUKE より:

      否定する人は、守りに入っている人なので、そもそも思考が違いますからね!
      共感してくれている人・応援してくれている人とだけ接していればいいです!
      応援しています!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: