【AMAZONニュース】FBA海外配送プログラムに自動的に登録されてしまう

どうも、MIHOSUKEです。
AMAZONの大口出品をしている方に今回はFBA海外配送プログラムについて
ご連絡です。
このFBA海外配送プログラムを利用すれば、(というか勝手に自動で登録されてしまうように)
南アフリカの人でも、アメリカの人でも、ヨーロッパの人でもあなたの商品をゲットできるようになります。
ワールドワイドになったAMAZON.co.jp です。
今回はそんなFBA海外配送プログラムについて細かく解説していきたいと思います。

アマゾンからこんなメッセージが大口出品者には届いたと思います。

2019年2月13日

【重要】2019年2月13日(水)より順次、すべてのFBA出品者様がFBA海外配送プログラムに自動的に登録されます

2018年7月より開始した「FBA海外配送プログラム」は、FBA出品者様の対象商品を67か国のお客様に販売いただけるプログラムです。通常のFBA手数料以外の追加費用は一切かからず、海外に販売機会を拡大できる点から、大変ご好評いただいております。
このFBA海外配送プログラムに、2019年2月13日(水)より順次、出品者様が自動的に登録されます(本プログラムの設定が自動的に「有効」となります)。これにより、通常どおり日本のフルフィルメントセンターに納品いただいた商品のうち、FBA海外配送プログラム対象商品は本プログラムが自動的に適用となります。
なお、2019年1月15日(火) 、FBA海外配送プログラムにASIN単位で販売対象国を制限できるオプション機能を追加いたしました。オプション機能の詳細や本プログラムの概要については出品大学講座をご参照ください。
重要事項:
·FBA海外配送プログラムの利用にあたり、FBA海外配送対象とする商品については、許認可や届出等なく合法的に輸出することができること、およびいかなるFBA海外配送対象国にも合法的に輸入することができ、当該国の適用される法令すべてを遵守していることを確認してください。その他の詳細情報(対象商品の制限事項、対応国・地域、返品ポリシー等)については、ヘルプページからご確認いただけます

FBA手数料以外の追加費用は一切かからず

なんか気になるフレーズですね。
モヤモヤする。
だって!当たり前に考えて、そもそも送料が国内 と アフリカ だったらびっくりするぐらい違うだろうに、
そのお金はどこで捻出しているんだYO AMAZON!
答えてみろYO!

アマゾンに聞いてみた

手数料などにつきましては追加請求などございませんのでご安心くださいませ。

海外への配送料や、通関でかかる輸入税、関税等は購入者様がお支払いされます。
販売手数料、FBA手数料ともに相違ございませんのでご安心いただければと存じます。
とのこと!
なので、安心しても良さそうです。

安心しちゃいけないカテゴリーがある

しかし、私は目を凝らし調べてみました。
するとカテゴリー別手数料という怪しいものを発見!

カテゴリー別成約料

メディア商品の販売については、小口出品および大口出品のいずれの場合も商品ごとにカテゴリー別成約料を支払う必要があります。
商品カテゴリー販売手数料カテゴリー成約料(日本)カテゴリー成約料(アジア/グアム/マーシャル諸島/ミッドウェー/その他)カテゴリー成約料(北米/中米/オセアニア/ヨーロッパ)カテゴリー成約料(アフリカ/南米)
15%80円120円300円350円
CD・レコード15%140円250円400円450円
DVD15%140円250円400円450円
ビデオ(VHS)15%140円300円500円600円

これらの商品は要注意です!
私たち中国輸入セラーにはあんまり関係ないですね。
セドラー様向けの情報になってしまいました。
このメディア系だけは こんな風に手数料がかかるので気をつけてくださいね!

タイセラーも気をつけてください!

  • ワシントン条約等、国際条約に基づき輸出が規制されている品目

こうした品目はFBA海外発送プログラムに適応していません。
そもそも、アマゾンでは クロコダイルなどの商品は出品禁止にしています!
と言われた。
え!めっちゃ出品されてますけど・・・!(笑)

例えばクロコダイルとかだと思うのですが、万が一そういった商品を 
そのプログラムに適応されてしまって、海外のお客さんが買われたら、空港で止められると思います。
そういう場合どういう処理になるんでしょうか?

A:戻されます!
よくよくアマゾンに聞いてみると、ワシントン条約に引っかかる商品や絶滅危惧種の商品の出品は禁止しているけど
要はザルになっているとのこと。

で、違反申告を受けない限りずっと出品されてしまう。

ちゃんとサイテスを通して販売しているセラーもいるし、サイテスをとらず出品しているセラーもいる。
もうぐちゃぐちゃでAMAZONもいちいち確認してないよ~!とのこと。

違反申告されたときに、そのときアマゾンが出品取り下げてきたとき そのサイテスを提出すれば復活する(可能性がある)
が そのまま出品制限になる場合もある。

とのこと・・・PSEとかそういうのと一緒な感じですね。

「後でちゃんと書類提出すれば復活する」って感じです。

クロコダイルの商品がFBA海外発送プログラムに適応も勝手にされてしまって売れちゃったら空港でストップされ、戻されるらしい。
なのでちゃんとサイテスをとって販売している人がほとんどだと思いますが、そういう商品を販売していると
勝手にFBA海外発送プログラムに適応されると なんだか超めんどくさそう ということです。
聞いてよかった。

しかも出品するときはクロコダイルの商品は簡単に出品できてしまって、
その際にはサイテスとかを提出するようなフォームもないので
要はザルである ということです。

FBA海外発送プログラムになっているか確認する方法

セラーセントラル画面 → 一番右上の設定 → FBA設定 → FBA海外配送の設定  
でできます。
お役に立てれば光栄です。
よろしくお願いします。

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください