Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【2019年8月から】アマゾンFBA長期在庫保管手数料が改定に!

どうも、MIHOSUKEです。
アマゾンのFBA長期在庫保管手数料が改定になりました。しっかりチェックしておきましょう!

毎月15日に、フルフィルメントby Amazon(FBA)は在庫一掃チェックを実施します。
在庫一掃チェック実施日に日本のフルフィルメントセンターでの保管期間が365日を超えた在庫については、長期在庫保管手数料(10cm × 10cm × 10cmあたり17.45円)が請求されます。

在庫一掃チェック実施日:月1回(毎月15日)
フルフィルメントセンターに365日を超えて保管されている商品:17.45円(10cm × 10cm × 10cmあたり)

商品1点あたりの最低長期在庫保管手数料は?

2019年8月15日以降、フルフィルメントセンターでの保管期間が365日を超えた在庫は、
商品1点あたり月額10円の最低手数料の対象になります。
長期在庫保管手数料または最低手数料のいずれか大きい方が適用されます。

在庫一掃チェック実施日フルフィルメントセンターに365日以上保管されている商品
毎月15日商品1点あたり最低10円

長期保管在庫コストとは

在庫を長期保管するスペースは有料ですが、その料金は月額保管手数料には含まれていません。
そのため、長期在庫保管手数料を設定しています。
フルフィルメントセンターでの保管期間が365日に達する前に販売された在庫や、
365日以上保管されていたものの在庫一掃チェック実施日(毎月15日)より前に販売された在庫については、
長期在庫保管手数料は発生しません。


同様に、在庫一掃チェック実施日より前に返送/所有権の放棄依頼が出された在庫については、
長期在庫保管手数料は発生しません。

長期在庫保管手数料の例

商品寸法在庫保管期間

適用される

長期在庫保管手数料

適用される

最低長期在庫保管手数料

実施される

長期在庫保管手数料

25cm × 18cm × 2cm365日以上16円10円16円
19cm × 12.5cm × 2cm365日以上8円10円10円
CD15cm × 13cm × 1.4cm365日以上5円10円10円
MEMO
長期在庫保管手数料または最低長期在庫保管手数料多い方とりまーすってことですね!

手数料の対象となる在庫を確認する方法

次回の在庫一掃チェックで長期在庫保管手数料の対象となる在庫は、

返送推奨レポートと 在庫ダッシュボードで確認できます。

対象在庫は、在庫一掃チェック実施日の6週間前に返送推奨レポートに表示されます。

注意
注:FBAでは先入れ・先出しの原則で出荷しており、これに基づいて長期在庫保管手数料が計算されます。ただし、実際には、購入者への出荷は先入れ・先出しではない場合があり、コストと出荷効率を考慮して処理されています。

長期在庫保管手数料の確認その① 返送推奨レポートの確認方法は?

【セラーセントラル画面】→【レポート】→【フルフィルメント】をクリック

【返送推奨レポート】をクリック
するとこちらの画面が出てきます。
直リンクはこちら↓ 
※アカウントの権限が弱いとアクセスできない場合があるので、ご注意ください。
こちらのレポートは、現在は出力できないようで、在庫保管手数料が発生する8月15日より6週間前から出力できるようになるみたいです。

長期在庫保管手数料の確認その② 在庫ダッシュボードでの確認方法は?

在庫ダッシュボードは【セラーセントラル画面】→【在庫】→【在庫健全化ツール】をクリック
次に、在庫期間レポートをクリック
するとこのように表示されます。
ちょっと商品は隠しましたが、こんな感じ表示されます。
365日以上というところに数字が書いてあったり、
長期保管手数料の見積もりというところが0でない場合は要チェックしたほうがいいです。

長期保管手数料は365日たたないと対象ではないので、ちょっと売れないなという商品は要チェックです。

よくいただく質問ですが、中国輸入の場合、どれぐらい在庫を補完してますか? との質問をいただきます。

商品の売れ行きにもよりますが、私は1.5~2か月分くらいの商品を中国輸入で仕入れていますよ。

最初から全然売れなくて1年くらい保管してた!ってことはあんまり経験としてないので、
長期保管手数料がかかってしまう場合は在庫の見直しを検討しましょう。

長期保管手数料をかけたくない!時にやるべきこと

長期保管手数料を取られたくないときにやるべきことは④つあります。

①商品をヤフオクなど他のモールで売ってしまう。 

ヤフーショッピングや楽天を開設している場合はそちらでも!

発送はFBAマルチチャンネルサービスを利用しましょう。

②商品画像や説明文をもう少し工夫できないか検討してみる

③スポンサープロダクト広告で狙ったキーワードで上位表示させて売れるかやってみる

④値段を下げてみる(クーポンまたは値段自体下げる)

この方法でダメなら

⑤いったん自宅に戻す または 商品を破棄する

ということを検討しましょう。

返送には手数料がかかります。1商品あたり、標準サイズなら51円、大型サイズなら103円です。

破棄にも手数料がかかります。1商品あたり、標準サイズなら10円、大型サイズなら21円です。

参考になれば幸いです。

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください