アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

アマゾン輸出で在宅で稼いで会社を辞め自由を掴んだみほすけのブログ

【中国輸入】2018年最新版◆アマゾン一括商品登録方法その1

読了までの目安時間:約 8分

 

どうも、MIHOSUKEです。

 

そういえば、アマゾンの一括商品登録の方法が変わりましたね!

久しぶりに新規品が多かったので一括商品登録しようとすると・・・

 

 

全くやり方を忘れてしまっておりました。

 

 

2018年4月26日にフォームが変わったとのお知らせが・・・

 

マニュアル作ってなかった自分が悪い!(笑)

 

 

やったことないという方もいらっしゃると思います。

 

 

 

今回は、この最新版での【一括商品登録】の仕方を詳しく解説していこうと思います!

 

この記事を活用して学んでいただければ幸いです!

 

 

一括商品登録とは

 

 

通常の商品登録はアマゾンセラーセントラルの商品登録画面からできるのですが、

 

 

一括商品登録はエクセルデータをアップロードする形で商品登録ができます。

 

 

単純な一括商品登録は結構簡単ですので、

 

 

一気に同じような商品を登録したい!というときは便利な機能です。

 

 

覚えておいて損はないと思います!

 

一括商品登録のメリット・デメリットとは

 

メリットは、大量の商品を一括で登録できるのでコツさえ掴んでしまえば、

 

 

普通の商品登録より スピーディーに登録できる ということです。

 

 

ただし、やり方をしっかりわかっていないとスピーディーにはいきません(笑)

 

 

むしろやり方をマスターしようとしていて時間がかかっているうちに、

 

 

普通の商品登録で済ませれたんじゃないか!?という商品登録数でしたら、

 

 

この一括商品登録は覚えなくてよいと思います。

 

 

でも、一度覚えてしまえば楽なので、このブログでまずは内容を知ってみてください!

 

 

一括商品登録はテストでデータをアップロードできる機能があります。

 

 

ミスした状態のデータをアップロードしてしまわないように、

 

 

テストでアップロードしてどこが間違っているのか、

 

レポートをすぐさまアマゾンからダウンロードできます。

 

 

これを繰り返していくうちに、一括商品登録マスターになっていきますよ。

 

 

このエラーレポートを参考にしても、原因がわからなければ、

 

 

アマゾンカスタマーに直接データを提出して、「これでやってもうまくいかないのですが・・・」

 

 

と助けを求めましょう。・・・実際私は助けを求めて解決しました!

 

 

 

今回はそんな失敗をしたMIHOSUKEがコツを紹介します!

 

デメリットは エクセルが苦手な人にとっては苦痛な作業だと思います。

 

 

私もエクセルはまあまあ触れるほうですが、エラーが出るとちょっと苦痛を覚えます(笑)

 

 

この一括商品登録のコツを覚えるのが大変に感じてしまう人もいると思うことですね。

 

 

大量の新商品を登録していきたい方は覚えておきましょう!

 

 

準備するもの

 

 

①商品の説明文やタイトルなど

 

②GS1コード

 

③画像

 

④画像をアップロードしておくサーバー

 

 

 

①商品の説明文やタイトルなど

 

新商品の説明文とかはあらかじめどこかに用意しておくとよいですね。

 

 

②GS1コード(JAN)

 

GS1コードについては新規商品を出品する際には必要になってくるので

 

 

こちらの記事を参考にしてください。

 

 

③画像

 

 

画像も制約があり、TOP画像は必ず背景は白でないといけません。

 

 

背景白にするやり方は

 

 

こちらの記事を参考にしてください。

 

 

④画像をアップロードしておくサーバー

 

 

画像を用意しておいても、その画像をZIPの中に入れておいて・・・

 

 

 

みたいなアップロードはできず、

 

 

URLリンクの状態になった画像でないといけません。

 

 

インターネット上のサーバーに画像を保存すれば、

 

サーバーから画像ごとにURLリンクがつきます。

 

 

そのURLリンクをエクセルに張り付けると、 (例:https://mihosuke.com/mihosuke.jpg)

 

 

末尾が.jpgになっているリンクです。

 

 

このリンクの画像の用意が必要です。

 

 

これって簡単そうに言われても結局どうすればいいの?って思います。

 

 

このインターネットサーバーについて いろいろ調べて、

 

 

どこかのレンタルサーバーを借りないといけないのかな?

 

 

と思ったのですが・・・

 

 

私はドロップボックスを利用しているので、

 

 

 

ドロップボックス経由だとできるのではないかと試したところうまくいきました。

 

 

 

 

なので、サーバー ってどうしよう と感じている人は・・・

 

 

 

無料のドロップボックスに画像データを入れて、

 

 

画像URLリンクをエクセルにすることで解決します!

 

 

なのでお勧めは、どこかのレンタルサーバーとかを借りるのではなく、 ドロップボックス です!

 

 

ドロップボックスについてはこちらの記事をご覧くださいね!

 

 

一括商品登録の詳しいやり方は次の記事でお伝えしますね。

⇒次の記事はこちら

 

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

 

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

 

 

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

 

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

みほすけメルマガバナー

 

中国輸入 基礎編 中国輸入 販売編   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: