Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アマゾン輸出で海外発送禁止商品

どうも、MIHOSUKEです。
今日はアマゾン輸出で海外発送禁止商品についてお話をします。

海外発送が禁止されている商品がある

海外へ旅行へ行くとき、ライターをはダメだったり、液体は制限されていたりしますよね。
それと同様に、荷物を発送するにも発送が禁止されていたり制限されているものがあります。


そういったものは一通り把握しておかないと、禁止物をリサーチしていたりするのは時間がもったいないですし、
無在庫の場合は キャンセル処理 をしなくてはいけなくなりますので 評価が下がってしまいます。
ですので、こちらで基礎知識として身に付けておきましょう。

航空危険物貨物に指定されているもの

爆薬、花火などの火薬類喫煙用ライターなど高圧ガス、
硫酸、塩酸などの腐食性液体石油、ベンジンなど引火性液体、
硫黄など可燃性固体殺虫剤など毒物、放射性物質、酸化性物質、
その他の有害物質また、航空機の計器を狂わす磁性物質も航空機への搭載が制限されています。

危険品に準ずる品目として取り扱われるもの
エアゾール、バッテリー、殺虫剤、ドライアイスなどがあり、梱包、重量規制、ラベリング

参考URL

特に気を付けたいものは、リチウム電池

特に気を付けたいものは、リチウム電池

リチウムイオン電池の発送は規制があります。日本郵便のこちらを参考にしてください。

参考 日本郵便日本郵便

リチウムイオンはややこしいです!ですが覚えていればいいだけなので、記憶に留めておいてください。
その他気を付けていただきたいのは磁石などです。

「発火物などの危なそうなもの、犯罪に使われそうなもの、電池や磁石系はしっかり調べる」
ということを一通り頭の中に入れておきましょう。

 
【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

わからないことがあれば、スカイプでなんでもお気軽に質問してきてくださいね。

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

5 Comments

池ちゃん

おはようございます。
腕時計を輸入するときに税関で引っかかったことがありました。
予備知識がないと税関から電話があると慌てますよね。
携帯カバーにも電池が内蔵されている商品があったり、
規制の内容などは事前に知っておくべきですね。
このような情報は輸入初心者にとって親切でありがたいです。
今日もありがとうございました。

返信する
MIHOSUKE

池ちゃん様
コメントありがとうございます。ご経験がおありなのですね!
私も焦りました。禁止だとわかりやすいのですが、規制はややこしいですので、
事前に知っておくというのが大事ですね。
今後もこういった内容も細かく公開していきます!

返信する
まつ

販売編も大変勉強になりました。
輸出ならではの禁止・規制についてとても勉強になりました

ありがとうございました。

返信する
Miho

輸入、輸出ビジネスをするに当たってしっかり頭に入れておかなければならない知識ですよね。知らずに輸出してトラブルに巻き込まれ内容にしっかり勉強しようと思います。ありがとうございます

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください