日本からアメリカに送る荷物の配送先の設定(有在庫 FBA版)

どうも、MIHOSUKEです。
今回は日本からアメリカに送る荷物の配送先の設定(有在庫 FBA版)についてご説明します。

FBAとは?

FBAとはフルフィルメント by Amazon (FBA) とは、Amazonが出品者に代わって注文を受け、
商品を出荷するプログラムです。
出品者は商品をAmazonフルフィルメントセンターに納品し、
納品された商品をAmazon 配送センターにて保管し、カスタマーからの注文に応じて出荷します。
要は、アマゾンが管理する倉庫に出品者であるあなたが荷物を送り、
出荷などもすべてアマゾンが管理してくれるという便利なサービスです。

倉庫に送るときは 関税 送料 がかかりますし、アメリカへ送るには 
代行会社を通じて発送する必要があります。(もしくはアメリカ在住の人と契約しておく)

代行会社についての記事はこちら
アマゾン輸出でFBA納品をするには?

アメリカ在住の人と契約するには外注サイトで募集しなければならないので、
その記事はこちら
外注を探すのに便利なサイト

FBAに荷物を送るときには、商品に対して、アマゾンが管理している
ASINで割り当てられたバーコードを張り付ける必要があります。
日本のアマゾンと同じ仕様ですので、こちらの動画で基本的なルールを学んでください。

これに加え、FBAで発送するときは発送禁止商品などもありますから
こちらの記事も参考にしてください。
アマゾン輸出で海外発送禁止商品

全体の流れを把握するには、こちらの動画を参考にしてください。

日本のアマゾンと違うところ

日本のアマゾンで納品するときは発送先は自宅の住所を記載すればいいのですが、
アメリカのアマゾンに納品するときは
自宅住所ではなく、アメリカの代行業者が契約しているアメリカの住所が必要ですし、
インポーターと契約する場合はその方へ送る送り先の住所にしておく必要があります。

気を付けるのはこの点です。
納品したい商品を選択してFBA出荷手続きの画面に入ります。

Ship fromというところがアメリカの住所である必要があります。

1

Ship from another address というところをクリックすれば、住所の登録画面に入ります。

名称未設定-3

赤枠部分を代行業者の指定するアメリカの住所にするか 
もしくは インポーターさんの住所でShip from this address をクリックすれば完成です。

今作っている納品リストを見るには
セラーセントラル画面からINVENTORY から Manage FBA Shipments 
で納品画面に入ります。

Shipping Queue の Shipping Plans をクリックすると 
納品手続きの作業途中のリストが見れます。

FBAの発送手続きは少し大変と思うかもしれませんが、日本のアマゾンの管理画面を
触ったことがあれば、画面が同じなのでわかりやすいと思います。

FBAは発送してしまえばあとは自動で売れていきますから、この作業に慣れてしまえば、
あとは価格変動の管理さえしていけば良いだけですので非常に楽です。

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

1 Comment

Miho

FBAで出品すると自動化できて他の作業効率も上がりそうですね。

いつも情報ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください