Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中国輸入 初回仕入れでミスをしない秘訣

どうもMIHOSUKEです。 今回は初回の仕入れでミスをしないための秘訣を教えます。

初回仕入で仕入れるべき個数は何個か、悩んだことはありませんか?

私は10個仕入れて全く売れなかったりして不良在庫になったり、1個仕入れてすぐ売れたから・・・と10個入れたらまったく売れなかった という経験があります。   初回仕入ではあいのりであっても、モノレート・プライスチェックなどで動きを確認したとしても売れるかどうか確信はつけないです。 また、一気にセラーが攻めてきて価格競争になってしまう場合もあります。

テスト仕入れで仕入れるべき個数は

3個です! 3個売れるというのは確信が付きますし、おすすめの個数です。 最大でも5個です。ロット数の問題で5個からしか購入できないという場合もあるからです。 10個からしか購入できない商品は、タオバオに1個単位で購入できるところがないかもリサーチしましょう。   この3個で売れるのが大丈夫であれば、売れるペース把握し一か月で消費できそうな量を購入しましょう。  

新規出品でのテスト販売

新規出品の商品がアマゾンで売れるかどうかは、 3個仕入れでテストする前にもっと確実にその商品が売れるかどうかの確信がつけるようになることが大事です。 例えば、メルカリでテストしてみるというのもいいでしょう。 3個はアマゾン 2個はメルカリで販売してみる というテストも面白いと思います。 客層や価格帯によってもメルカリのほうがよく売れる という場合もありますから、 コレ!と思った商品はいろいろな販路で販売するというのも1つの手です。     最後までご覧いただきありがとうございました。 【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】 わからないことがあれば、スカイプでなんでもお気軽に質問してきてくださいね。 スカイプIDは mihosuke-amazon です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください