Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アマゾンのアカウントを潰さないために気を付けること

どうも、MIHOSUKEです。
今回はアマゾンアカウントについてです。

中国輸入であっても、アメリカへの輸出であっても、
アカウントがつぶれてしまうことがあります。
私はまだ潰したことはないですが、今後つぶれてしまう事もあるかもしれません。


ですが、少しの事ですが気を付けているだけで全然潰れることはありませんよ!
ではどんなことに気を付ければいいのか ご紹介します。

①WIFIやインターネットについて気を付けておく

公共のWIFIフリーのところや、セミナーでWIFIが提供されているところでアマゾンのセラーページは開かないようにしましょう。
これはなぜかと言うと閉鎖アカウントに紐づいてしまう可能性を防ぐためです。
閉鎖した人のアカウントと何か紐付されてしまうとダメです。
一度も停止になっていないのにいきなり停止になるということもあるそうです。
同じ環境でセラー同士でパソコンを開き、セラーページを開くのは気を付けましょう。

外注を雇うときはアマゾンに入ってもらうIDパスワードは外注権限を与えましょう!

②著作権侵害や、ニセモノ、レプリカなどは出品しないようにする

平気でトトロや進撃の巨人などの中国商品を販売している人がいますが、危険行為です。
私はアニメ系は何も出品していません!
そういった商品を取り扱わなくても利益をとることができます。
これが私の周りでもよく聞く原因でもありますから、気を付けましょう。

③自己出荷で商品の発送遅延など パフォーマンスを下げないように

自己出荷はセラーの顧客満足指数の低下のリスクがあります。
FBAだとそういったことは安心です。

→自己出荷とFBAのメリットデメリットについてはこちらの記事をご覧ください。

中国輸入 FBAと出品者出荷の違い メリットとデメリット

出品用アカウントがダメになった場合には停止と閉鎖があります

出品用アカウントがダメになった場合には停止と閉鎖があります。
停止になった場合はアマゾンのアカウントスペシャリストからメールがくるので復活に向けてやりとりしましょう。
閉鎖は残念ながら復活しません。

いずれにしても・・・

停止や閉鎖にはならないよう、規約に基づいた出品をしていくべきですね。
まだ、初心者という方はそれほど心配する必要はないです。
ですが、どうしたら停止や閉鎖になってしまうのかは、しっかり学んでおきましょう。
規約も日々変わっていきますから、規約を読んで停止や閉鎖になるような事はしないようにしましょう。

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください