Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

悲報・・・FBAマルチチャンネルサービスの料金が値上げ

どうも、MIHOSUKEです。
今回の記事はアマゾン中国輸入やせどりをされている方など、アマゾンでFBA商品を販売している方向けの記事になります。
その中でもFBAマルチチャンネルサービスを利用している人には大事なニュースです。

そもそも、FBAマルチチャンネルサービスとは

自社のECサイトや実店舗、オンラインショッピングモール店舗など、Amazon以外の販売経路で販売している商品の出荷・配送・在庫管理までを、Amazonが代行して運用する物流サービスです。 面倒な初期設定や固定費は一切不要。

例えばアマゾンで販売したいけど、ヤフーショッピングでも販売したい。
ヤフーショッピングで売れた商品はアマゾン倉庫から発送したい!と言う場合は、このFBAマルチチャンネルサービスが大変便利です。

補足
このサービスを利用する際は、アマゾンの通常段ボールで届くとお客様に混乱を与えるため、アマゾンでは無地段ボールでの配送をしてくれます。(ただし住所はアマゾン倉庫になりますが)
補足の補足ですが、申請しないと無地段ボールにはならないので注意が必要です。

また、アマゾンで販売はしたくないけど、倉庫としてだけ利用したい。という件については、アマゾンでは対応してくれません。
もしそのように活用したいのでしたら、アマゾンでの商品ページでは値段を高くしておく とかそういった対応が必要ですね。

送料はどれぐらい変わるのか?

現在の送料は
このようになっていました。
一番安い送料は、小型の手数料83円+通常配送217円=300円
一番高い送料は、特殊大型の手数料258円+お急ぎ便1257円=1515円
でした。

変更点はこちら

マルチチャネルサービス配送代行手数料 – 2019年7月16日出荷分より適用

  • 出荷作業手数料(個数あたり)と発送手数料(出荷当たり)を単一の配送代行手数料に統合いたします。

  • メディア商材専用料金を撤廃いたします。

  • マルチチャネルサービスのサイズ区分を業界標準に沿って変更いたします。サイズ区分は、梱包を含む商品の長さ、幅、高さの合計値およびサイズ帯ごとに規定された重量しきい値によって、小型、標準、大型サイズのいずれかのサイズ帯に区分されます。さらに、サイズ区分ごとに規定された寸法しきい値により、異なるマルチチャネルサービス配送代行手数料が適用されます。




変更後の一番安い配送料は550円
一番高い配送料は1625円
となっています。

一番安い送料は、300円 → 550円
一番高い送料は、1515円 → 1625円

という計算です。
小さい商品に対しての値上げが結構高いということがわかりますね。

定期的に起こるアマゾンの送料値上げ

アマゾンはこれまでも定期的に送料が値上げになっています。
今回はFBAマルチチャンネルサービスですが、徐々にこうした送料値上げになっていく一方でしょう。
送料に関してはしっかりチェックするようにしていきましょう。
FBA料金シュミレーターで料金をしっかりチェックしていくことが重要です。

FBA料金シュミレーターはこちら

参考 FBA料金シュミレーターアマゾン

現在、通常のアマゾンで販売した場合の送料はどうなっているのか



一番安い送料だと小型配送で119円 一番高い商品だと1569円となっています(2019年5月現在)

注意
アマゾンで販売する場合は大口契約料金が月額4,900円
保管手数料+長期保管になると長期保管手数料
カテゴリー成約手数料・販売手数料がかかってきます。

さらに詳しく知るにはこちらをご覧ください。

参考 AMAZONAMAZON手数料について

いかがでしたでしょうか?

アマゾン倉庫を活用するのに便利なFBAマルチチャンネルサービスが値上げ となるとちょっと頭を抱える人もいると思います。
ですが、すぐに商品が届くって実際すごく大変なことですから、人件費もたくさんかかってくるのでしょうね!


今回はFBAマルチチャンネルサービスでしたが、合わせて通常のアマゾン販売時の送料についてもお伝えしました。
参考になりましたら幸いです。


Amazonでの商品販売は、直接お客様が購入意識をもって商品を探しに来るのが特徴で、ほかのモールよりはるかに購入意識をもって検索しに来る人が多いというのがデータでわかっています。


なのでまずはアマゾンで商品を販売する というのはとても効率的にも良いビジネスだと言えます。


手数料はたくさんかかってしまいますが、FBA料金シュミレーターを活用したり、
今回紹介した大きさ・重さなどを考慮していけば送料も攻略していくことができるでしょう。
例えば衣類であれば圧縮して納品するとか・・・

こうした試行錯誤が物販では非常に大事になってきます。

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください