タイ輸入で仕入れる場所(市場・マーケット)チャトチャック市場&JJモール編

どうも、MIHOSUKEです。

今回はタイ輸入をやってみたいという方にとっておきの情報を提供します。

この記事を読むとタイ(バンコク)にある仕入れる場所と行き方が分かります。

今回はチャトチャック市場&JJモール編です。

チャトチャックウィークエンドマーケット市場とは

こちらのマーケットはバンコクで最大のマーケットです。
世界最大ともいわれています。
何回いっても全部回り切れません。もう無理だ~また今度行こう・・・この気持ちをいつも抱くのです。
なんでかというと新しい店舗が続々できているからです。


店舗数は約15,000店舗以上あると言われています。
とにかくなんでもあるマーケットです。
ウィークエンドマーケットという事もあって土日限定です。
金曜も少しだけやっています・・・


営業時間:8:00~18:00ですがあまり早くいくと開いてないお店があります。
17時くらいになると閉まるお店も出てきます。
週末になるとたくさんの観光客やバイヤーが集まるマーケットです。
もちろん


トイレは有料になります。(約3バーツ~5バーツ)

きれいなんだけど常に水浸しのようなきれいさ。


とても暑いので水分補給と休憩は忘れずに行動しましょう。

チャトチャックウィークエンドマーケット市場への行き方


BTS

モーチット駅が近いです。
1番出口でて階段を降りて行けます。すごい人なのですぐわかると思います。


MRT(地下鉄)で行く方法


MRTは、チャトチャック・パーク駅(chatuchak Park)で降りて、1番出口からいくか

または、その1駅先のカムペーンペット駅(Kamphaeng phet)を降りて、2番出口で降ります。


タクシー


タクシーの運転手に「チャトチャック」や「ジャトジャック」と言えば連れっててくれます。
インフォメーションにいくとマップ(地図)がもらえます。

便利なアプリその名も【チャトチャックガイド】


チャトチャックには便利なアプリがあります。チャトチャックガイドは、携帯アプリです!

– 店舗検索機能
– ジャンルやタイプ別検索

– 現在位置情報
– 地図機能
– お店の住所

タイ語、英語、中国語対応に対応しています。

チャトチャックは、セクションに分かれています。
セクションは大枠のエリアみたいなものでソイは、道名です。
この二つの看板ができています。
なので行きたいお店や良いお店はメモしておきましょう。

アプリでは自分の現在地やセクションやソイなどの表記もありとても分かりやすいです!
行きたいお店があれば、名前を入力したら表示され、ジャンルごとの検索も可能です。

チャトチャックのアプリの注意点

ただし新しく入った店などは更新されていない場合もあります。
なので次行くとき迷子になることも想定しておきましょう(笑)

よく店の移動が行われるケースもあるからです。

チャトチャックのダウンロードはこちら

AppleとGoogleストアのページに飛びます

 Apple storeから入手する
 Google playから入手する

位置情報はONにしてくださいね。言語は「中国語・タイ語・英語」から選べます。

チャトチャックマップ


・セクション1 = アンティーク品、アクセサリー
・セクション2,3,4 = 若者アパレル、ガーデニング用品、衣料品、アクセサリー
・セクション5,6 = 古着
・セクション7,22,24,25 = タイ雑貨、アート
・セクション8 = タイ雑貨
・セクション9,11,13,15 = ペット用品
・セクション10,18,20,21,23 = 古着、洋服、アクセサリー
・セクション12,14,16 = アーミーグッズ
・セクション17,19 = インテリア、食器
・セクション26。29= 古本,アンティーク、シルク
・セクション27,28=レストラン・屋台、ハンドクラフト
となっていますが、残念ながら一応セクションごとに分かれていますが、
全然違うところにあるお店があるため、あまりあてになりません。

魔法の合言葉「ショップカードプリーズ」

いいなと思ったショップは、ショップカードをもらうようにしておきましょう。

私は後ろにペンでわかるよう

例えば「商品名 OEM 30足~○○バーツ ロゴ印字OK」

とか書いておきます。

すぐ忘れてしまうので、記録しておくのは大事ですよ!

ショップカードをもらっても「なんだこのカード どんなお店だったっけ?」

となるとせっかく下見したのに時間がもったいないです!

ここのマーケットは、本当に何でもあります。


仕入れてはだめですが、犬や猫も売ってます。
違法な動物も売ってるそうです。

世界中のバイヤーも来ますが多くの観光客の人も来ます。


水着・カゴバック・タイシルク・食器のセラドン焼き・レザー製品・ワンピース・タイパンツ・アロマグッズ・石鹸・ココナッツオイル・化粧品・藍染め・画家のアート作品・植物・シルバー・天然石(パワーストーン)・照明・家具などほぼ揃います。

なので個人用の買い物やおみやげにも最適です。

よく化粧品・歯磨き粉などを輸入しての販売している方がいますが薬機法違反なので辞めましょう。
クロコダイルを販売する場合は、商用のcites(サイテス)が必要になります。


サイテスについてもまた後日記事でお伝えします!
http://www.customs.go.jp/mizugiwa/washington/washington.htm
ほかの法律もしっかり守って販売しましょう。

お店は、タイ語しゃべれないと交渉できないお店もあります。
英語ができるお店もあります。
ですので細かい交渉が困難になる場合があります。
そういった場合は、自分で頑張らずガイドに頼むと良いです。
OEMやODMはフォローがいりますね。


また商品を買いすぎてしまった場合は、有料ですがロッカーがあります。
後、お店の置いてもらい帰り際にピックアップしましょう。

食べ物 Toh Plue Restaurant(トープルーレストラン)がおすすめ


クーラー付きのタイ料理のお店があります。
チャトチャックは暑いので助かります。
Toh Plue Restaurant(トープルーレストラン)
私が食べたことがある料理です。


チキンとカシューナッツの炒飯(パイナップル)

インスタ映えしますね。
味は普通です。

ガパオライス
パッタイ


マンゴージュース

とても暑い時などは、クーラーがお店で休むのが良いです。
熱中症対策になります。
ここのお店の価格は、多少割高です。でもケチってはいられないほど暑い。

有名なパエリアのお店ビバ8


セクション8にある老舗


スペイン人シェフのおじさんがパフォーマンスをしているのですぐに見つかります。
人だかりができています。
このお店は超人気店なので昼の時間帯は、席に座れず立ち食いになることが多いです。

飲み物は水もあります。
マンゴーシェイク・ココナッツシェイクも美味しいです。
ココナッツのアイスも美味しいです。
好き嫌いあると思いますが、ココナッツジュースがオススメです。
お店で飲むより安いです。

一日中歩き回りすぐ疲れます(私はね・・・)

疲れた場合はクーラー付きのマッサージを受けるのもよいですね。
たくさん歩くのでフットマッサージを受けると疲れが取れます。

帰りは、歩き疲れているのでタクシーで帰るのが良いです。
電車で帰るのはしんどいですね。
帰る人が多い時間帯は、何本か見送らないといけない場合もあります。

注意
チャトチャックマーケットの入り口付近にいるタクシーは割高です。
大半がメーターを使ってくれませんし高い価格を言ってきます。


反対側の車線に渡ってタクシーを止めてメーターでよいか聞いて見ましょう。


乗車できたらメーターがちゃんと動いてるか見ましょう。

初乗りが35バーツ(約120円)で安いです。

タクシーはGRABTAXI(グラブタクシー)が、安心です。


観光地とかだと来るのに時間かかる場合があるのでアプリで確認しましょう。

グラブタクシーはぼったくりもなく、カード決済なのでスムーズです。
トゥクトゥクは、割高ですしクーラー付いてないので仕入れなどの際は、微妙ですね。

 Apple storeから入手する
 Google playから入手する

まとめ


熱中症対策の水分補給をわすれずに!


飲み物はたくさん売っているので持参しなくても大丈夫です。
トイレの位置を確認しておくこと。
日焼け止めなどを塗って日焼け対策をしっかりとする。
スリには気を付ける。鞄は前に背負ってください。


クレジットカードは、ほぼ使えないので現金を用意しておくのがよいです。
小銭も用意しておくと良いです。


チャトチャックの中にある両替所は、レートが良くないので予め両替しておくことをおすすめします。

タイ輸入の仕入れで円をバーツに変える換金場所おすすめ


インフォメーションにいくとマップ(地図)がもらえます。

では、次です!

JJモールとは

JJモールは、ショッピングモールみたいな建物なので冷房がついていて快適です。

トイレもあるので便利です。

私自身は、昼ご飯を食べたり、トイレを使ったり、休憩したりしています。

 

JJモールの行き方

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットの中から徒歩でも行けます。

建物も見えますし現地の人に聞いてみるとすぐ教えてくれますよ。

BTS(電車)

 チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットの最寄のモーチット(Mo Chit)駅よりも

BTSのサパーンクワーイ(Sapan Khwai)駅のほうが近いです。

サパーンクワーイ(Sapan Khwai)駅を降りて、3番出口からサパーンクワーイ通りから陸橋を渡って到着です。
徒歩で約20分くらいです。

MRT地下鉄

MRTのガンペーンペット(Kamphaeng Phet)駅を降りて2番出口を出て、

チャトゥチャックウイークエンドマーケットを右手に見ながらガンペーンペット通りを直進すると到着です。

徒歩約10分でつきます。

いかがでしょうか?

チャトチャックを制するぞ!

なんて気合を入れてチャトチャックに臨むといつもヘロヘロになります。

なので、土日2日を使って、アプリをうまく使いながら回ると良いでしょう。

水分補給はしっかりしてくださいね!

次の記事はこちら

タイ輸入で仕入れる場所(市場・マーケット)ウォンウェイヤイの問屋街

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください