Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アマゾン輸出で知って役立つユーザー権限設定

MIHOSUKEです。 今回はユーザー権限の設定についてご説明します。

ユーザー権限とは

ユーザー権限とはアマゾンの出品用アカウントに入れるように権限を与えることです。   出品用アマゾンでは、普通にログインしますとクレジットカードや、個人情報がわかりますから、 信頼できる外注さんである場合でも、悪用される心配があります。 ユーザー権限では、そういった重要な情報のページには入れないようにした上で、ログインしてもらうための 権限が弱いバージョンの権限を作成することができる便利な機能です。   ぜひ、ユーザー権限を利用しましょう。 すでに外注さんにIDパスワードを教えてしまっている場合は、パスワードを直ちに変更し、ユーザー権限に切り替えましょう。

ユーザー権限の設定

設定には外注さんにアマゾンからくるメールを確認していただく必要があります。   〇必要なもの 外注さんのメールアドレス セラーセントラルからsettings→User Pemissionsをクリック 外注さんのアドレスを入力してSend invitationをクリック 外注さんがメールを受け取り確認のリンクをクリックしたら完成です。   ユーザー権限を与え、外注さんの名前とメールアドレスが表示されます。editを押して、どんなユーザー権限にするかカスタマイズしていきます。 例えば、ある人には価格は閲覧の権限のみで注文は管理する権限などを与え ある人には価格を編集できる権限のみ与えるということができます。   メールの通知も設定できるので、外注さんの用途に合わせてこちらもカスタマイズしていきましょう。 詳しくは動画にて説明します。動画は準備中ですのでしばらくお待ちください。 Googleクロームであれば日本語に変換したら見やすくなります。 グーグルクロームの設定方法はコチラ   簡単に説明しますと、 Noneは権限を与えない Viewは観覧 View&Editは観覧編集 Adminは管理 という意味を持ちます。   うまくカスタマイズして、自分の作業を任せていけばあなたのビジネスはさらに飛躍します。 この段階までいけば、とても楽になりますから、ぜひ実施していきましょう!   最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。   【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】 わからないことがあれば、スカイプでなんでもお気軽に質問してきてくださいね。 スカイプIDは mihosuke-amazon です。

1 Comment

まつ

これでアメリカ輸出編は最後になりますね。
とても勉強になりました。ありがとうございました。

続いて中国輸入編に行きたいと思います

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください