Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

タイ輸入決定版!仕入れ先まとめ【随時更新】

どうも、MIHOSUKEです。

今回はタイ輸入決定版ということで仕入れ先をまとめました。
参考にしていただけると嬉しいです。
この記事を読むとタイ(バンコク)にある仕入れる場所と行き方が分かります。

  • ヤワラート(中華街)
  • カオサン通り
  • プラトゥナーム市場(パラデュームセンター)
  • プラチナムファッションモール
  • バイヨークスカイビル
  • チャトウチャック市場(サンデーマーケット・ウィークエンドマーケット)
  • JJモール
  • ボーベー市場(ボーベータワー)
  • ウォンウェイヤイ

タイ輸入 仕入れ先 その① ヤラワート

ヤワラートとは、チャイナタウン(中華街)にある市場になります。

機械街(ワラチャック)泥棒市場(サンペーン)などのエリアもあり分かれています。

中華街(ヤワラ―ト)を南に少し入ったところにあるサンペーン・レーン市場といつところがあります。
ここ周辺は、アパレル・雑貨・ウィッグ・アクセサリー・手芸用品・子供の靴などを卸売りで仕入れる事が出来る場所があります。
サンペーン市場の少し先に、バフラットと呼ばれる生地問屋があります。
生地を仕入れて何かつくるのも良いでしょう。

アクセス

最寄り駅はBTSフアランポーン駅ですが結構歩くので(20分~30分)おすすめはできません。グランドチャイナホテルを目指すと良いです。

大通りがチャイナタウンです。

船がおすすめです。
【タイ仕入れ】サポーンタクシン駅からの船(水上ボート)の乗り方  

チャイナタウン ヤラワートで売ってるもの

中国製の商品アパレルが売っていたり、革製品もあります。
手芸用品もありますね。
中国製の商品かどうかは中国輸入を実践している方ならわかるでしょう。
結構何でも揃う場所です。

さらに詳しく知るには、こちらの記事をご覧くださいね!

タイ輸入で仕入れる場所(市場・マーケット)ヤワラート編  

タイ輸入 仕入れ先 その② カオサン通り

ここのエリアは、バックパッカーの聖地でも有名です。
安宿があります。
ソンクラーンなどで盛り上がるエリアでも有名ですね。
最近は屋台が撤去されてきたり、少し衰退してきているエリアになります。
昼は西洋人が昼からビールを飲んだりしています。
夜はバーやクラブなどで賑わっています。

カオサン仕入れができるお店の営業時間は大体店によりますが9:00~18:00ぐらいです。

カオサン通りへのアクセス

電車でいくには少し不便な場所になります。
タクシー・トゥクトゥクでいくか船(ボート)でいきます。
船(水上ボート)が渋滞もなくとても便利ですね。オススメです。

船についての記事はこちら

【タイ仕入れ】サポーンタクシン駅からの船(水上ボート)の乗り方  

カオサン通りで売っている物

silverがメインで多く取り扱われています。
歩いているとsilver街を目にすると思うので、ぜひ立ち寄ってみてください。
また革の取り扱いのあるお店も数店舗あります。

お土産品のようなものはここではすこし値段が高いので気を付けましょう。

お店は、卸売専門で観光客NGのお店もあります。
観光客OKのお店でも適正な価格を知らないと、ぼったくりに合います。
中には、シルバー925といってシルバー925じゃない店もあるので騙されないように気をつけましょう。
安心なお店や信頼関係のあるお店で仕入れましょう。

さらに詳しく知るには、こちらの記事をご覧くださいね!

タイ輸入で仕入れる場所(市場・マーケット)カオサン通り編

タイ輸入 仕入れ先 その③ パラデュムセンター

パラデュームセンターはピンクのガオマンガイの有名なお店「ガイトーン・プラトゥーナム」のちょうど反対側の道路に位置するビルです。
特にパワーストーンの品ぞろえが多いのが目立ちます。
海外のバイヤーたちも集まる、卸売りビルと言った感じです。

パラデュムセンターへのアクセス

BTSのサイアムかチットロム駅で降りてBIG C(ビックシー)方面に歩いていくと川がありそこを越えてら見えてきます。
すぐわかると思います。

道の反対側にカオマンガイ(ピンク)の有名なお店「ガイトーン・プラトゥーナム」というお店があります!めちゃくちゃおいしいです!

パラデュムセンターで売っている物

レザー・シルバーアクセサリー・パワーストーン・アパレル・アジアン雑貨などがあります。

レザーは、クロコダイル(ワニ)・シャーク(サメ)・スティングレイ(エイ)・パイソン(蛇)や普通の革・型押しクロコなども全般もできます。
財布・ベルト・バッグ(鞄)・キーケースなどいろいろありますし作ることもできますよ。
アクセサリーはシルバー925からステンレス・インディアンジュエリーなど様々あります。
パワーストーンなどは、天然石のみの購入やブレスレット、アクセサリーを作ってもらうこともできます。
アパレルは、サルエルパンツ・ストール・ステージ衣装・服・靴・サンダルなど色々あります。

さらに詳しく知るには、こちらの記事をご覧くださいね!

タイ輸入で仕入れる場所パラディウムワールド(旧プラトゥーナムセンター)編

タイ輸入 仕入れ先 その④ プラチナムファッションモール

プラチナムファッションモールは、タイの若者に人気のファッション中心のモールになります。

全フロアーで2800超えの店舗があります。卸問屋もあるが少ないです。
タイのブランドショップがあります。
女性(レディース)アパレルが多いです。子供服もあります。

プラチナムファッションモールへのアクセス

BTSのサイアムかチットロム駅で降りてスカイウォークを通り、
セントラルワールドプラザの中を抜けて行くことができます。

プラチナムファッションモールで売っている物

アパレル製品・アクセサリーがたくさんあります。
日本の若者でも着れるような服などがあります。
ロットは、小売りが多いため1個から帰る店が大半です。
品質も良い店がおおいです。

お洒落なモールになります。
仕入れたい物を決めておかないと時間だけ立って無駄になってしまいます。

さらに詳しく知るには、こちらの記事をご覧くださいね!

タイ輸入で仕入れる場所 プラチナムファッションモール&バイヨーク編

タイ輸入 仕入れ先 その⑤ バイヨークスカイビル

バイヨークスカイビルはバイヨークスカイビルという周辺に主にアパレル製品の問屋街があります。


バイヨークスカイはバイヨークスカイタワーとも呼ばれてありホテルもあります。
超高層ホテルで88階あるホテルです。
立地も便利な所にあるバンコクでは有名なホテルです。

バイヨークスカイビルへのアクセス

最寄駅は、エアポートリンク「ラチャプラロップ駅」で徒歩5分以内です。
プラトゥナーム市場(パラデュームセンター)からも近いです。

バイヨークスカイビルで売っている物

水着・アパレル・革製品があります。
洗濯表示のタグやブランドのタグ屋もあります。
また、発送代行をしてくれる業者のビルも入っています。

さらに詳しく知るには、こちらの記事をご覧くださいね!

タイ輸入で仕入れる場所 プラチナムファッションモール&バイヨーク編

タイ輸入 仕入れ先 その⑥ チャトチャック

こちらのマーケットはバンコクで最大のマーケットです。


世界最大ともいわれています。
何回いっても全部回り切れません。
店舗数は約15,000店舗以上あると言われています。
とにかくなんでもあるマーケットです。
ウィークエンドマーケットという事もあって土日限定です。

チャトチャックへのアクセス

BTSですと、モーチット駅が近いです。
1番出口でて階段を降りて行けます。
すごい人なのですぐわかると思います。
MRTは、チャトチャック・パーク駅(chatuchak Park)で降りて、1番出口からいくか、
または、その1駅先のカムペーンペット駅(Kamphaeng phet)を降りて、2番出口で降ります。

チャトチャックで売っている物

・セクション1 = アンティーク品、アクセサリー
・セクション2,3,4 = 若者アパレル、ガーデニング用品、衣料品、アクセサリー
・セクション5,6 = 古着
・セクション7,22,24,25 = タイ雑貨、アート
・セクション8 = タイ雑貨
・セクション9,11,13,15 = ペット用品
・セクション10,18,20,21,23 = 古着、洋服、アクセサリー
・セクション12,14,16 = アーミーグッズ
・セクション17,19 = インテリア、食器
・セクション26。29= 古本,アンティーク、シルク
・セクション27,28=レストラン・屋台、ハンドクラフト

ここのマーケットは、本当に何でもあります。
仕入れてはだめですが、犬や猫も売ってます。
世界中のバイヤーも来ますが多くの観光客の人も来ます。
水着・カゴバック・タイシルク・食器のセラドン焼き・レザー製品・ワンピース・タイパンツ・アロマグッズ・石鹸・ココナッツオイル・化粧品・藍染め・画家のアート作品・植物・シルバー・天然石(パワーストーン)・照明・家具などほぼ揃います。

さらに詳しく知るには、こちらの記事をご覧くださいね!

タイ輸入で仕入れる場所(市場・マーケット)チャトチャック市場&JJモール編   

タイ輸入 仕入れ先 その⑦ JJモール

JJモールへのアクセス

こちらのモールは、チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットの隣接しています。
こちらは平日も営業しています。もちろん土日も営業しています。

JJモールで売っている物

こちらにも商品はありますがチャトゥチャックと変わりありません。
値段交渉で変わるかもしれません。

タイ輸入で仕入れる場所(市場・マーケット)チャトチャック市場&JJモール編   

タイ輸入 仕入れ先 その⑧ ボーベー市場&タワー

ボーベー市場とボーベータワーには主に衣類品が販売されています。
少し品質は落ちますが大量買いには適しています。
無地のTシャツが大量に欲しい!とかそういった用途があれば足を運んでみてもいいと思います。
タワーのほうには子供服もたくさん販売されています。

ボーベー市場&タワーへのアクセス

近くの駅がないためタクシーでいくか船で行きます。
船の場合はセンセーブ川(運河)を使います。
プラトゥナームの船着き場(①番)から行くとよいですね。
ボーベー市場(④番)にすぐ着きます。料金も安いですよ。
プリンスパレスホテルがあるので目印にしていくとよいでしょう。
電車ですとBTSのナショナルスタジアム駅からタクシーで10分ぐらいです。
結構不便なので船(水上ボート)がオススメです。

ボーベー市場&タワーで売っている物

主に衣類品ですが、日本人向けではなくタイ人向けの製品が多いです。
ナイトマーケットで販売されているようなプリントTシャツなどが多いです。
ほぼ9割近くが衣類品ですので、アパレル用品を見てみたいという方は足を運んでみても良いかなと思います。

さらに詳しく知るには、こちらの記事をご覧くださいね!

タイ輸入で仕入れる場所(市場・マーケット)ボーベー市場&タワー  

タイ輸入 仕入れ先 その⑨ ウォンウェイヤイ

ウォンウェイヤイは、チャオプラヤ川の向こう側(アイコンサイアム側)にあり、最寄がウォンウェイヤイ駅です。

チャイナタウンに似た感じではありますが、革などのレザーや布、アクセサリーの部品が集まる
手芸用品が集まる場所があります。

ウォンウェイヤイへのアクセス

BTSかタクシーでいくのが良いかと思います。
BTSウォンウェイヤイ駅3番出口を出て階段を降りたらUターンをしたら徒歩5分ぐらいで着きます。
soi1を右に曲がった所から手芸用品店街の始まりです。
そのまままっすぐ行くと大きな通りに突き当ります。
この通りにたくさんの問屋街があります。

ウォンウェイヤイで売っている物


靴のパーツ
マクラメ
飾りのパーツ
PVC加工の布
撥水加工生地(PVC生地)
テーブルクロスやランチョンマット、ポーチの材料に良さそう
バッグの取手
革紐
ヤード売りだったり、巻売り
皮の端切れ
革(レザー)
PUレザー
チャックの金具
YKKなどのファスナー
ベルトの金具
タオル生地
クリアなビニール素材
毛糸

などたくさんの素材があります。素材と言うか部品というか・・・っていう感じですね。
手芸好きの方にはたまらないエリアかと思います!

さらに詳しく知るには、こちらの記事をご覧くださいね!

タイ輸入で仕入れる場所(市場・マーケット)ウォンウェイヤイの問屋街

いかがでしょうか?

まだまだタイには、いろんな仕入れ先があると思いますので、こちらは随時更新していきます。
楽しみにしておいてください。ご質問もお待ちしています。

質問箱はこちら

今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングに いいね してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

また、わからないことがあれば、スカイプなどでも相談してきてください。

【MIHOSUKE公式会員メルマガはこちらから登録】

スカイプIDは mihosuke-amazon です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください